Sysprepの注意点は?

WVDのOSイメージ管理で必須となる作業にsysprepがあります。作業手順と失敗時の対応についてコメントします。
 
公式のsysprepによるVMイメージ化の手順は以下のとおりです。
 
Azure で一般化された VM の管理対象イメージを作成する
URL : https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/windows/capture-image-resource
 
推奨事項、ポイントなどは以下サイトを参照してください。
https://social.technet.microsoft.com/Forums/ja-JP/604d9226-f697-4278-bc3d-9a044044f652/sysprep?forum=Wcsupportja
 
失敗した場合は、以下フォルダにエラーログが表示されるので確認しましょう。
C:\Windows\System32\Sysprep\Panther\setuperr.log

 

以下がエラー内容
<日付>, Error SYSPRP Package Microsoft.LanguageExperiencePackja-JP_18362.16.55.0_neutral__8wekyb3d8bbwe was installed for a user, but not provisioned for all users. This package will not function properly in the sysprep image.

 

対応
上記パッケージ名を所有しているアカウントを調査し、そのアカウントでサインインして削除します。なお、ほとんどが意図的というより自動的にインストールされたパッケージになります。
> Get-AppxPackage -AllUser | Format-List -Property PackageFullName,PackageUserInformation
 
PackageFullName : 1527c705-839a-4832-9118-54d4Bd6a0c89_10.0.18362.449_neutral_neutral_cw5n1h2txyewy
PackageUserInformation : {S-1-5-21-7811140-33637xxxxx-32852xx-500 [user01]: Installed, S-1-5-21-7811140-33637xxxxx-3285xxxxx-1004 [user02]: Installed}
~略~
PackageFullName : Microsoft.LanguageExperiencePackja-JP_18362.16.55.0_neutral__8wekyb3d8bbwe
PackageUserInformation : {S-1-5-21-7811140-33637xxxxx-3285xxxxx-500 [user01]: Installed}
~略~
 
見つけたパッケージ名を参照し、削除します。また、上記の場合はインストールしたユーザ[user01]でサインインして作業します。
Get-AppxPackage -AllUsers 当該パッケージ | Remove-AppxPackage -AllUsers
このケースで大半は対応できますが、当該パッケージが複数ある場合はパッケージ分実施しなければなりません。また厄介なのは、エラーログには1つしか表示されないため、sysprepを再実行して初めてわかるということです。コツコツ対応することになります。。。

いいね (この記事が参考になった人の数:3)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください