Azure Virtual Desktop 導入支援(クラウド VDI 導入支援)

Azure Virtual Desktop や VDI の導入をご検討のお客様、
クラウド上の Office 環境をご検討中のお客様、
セキュアなインターネット環境をクラウドでの実現をご検討のお客様、
当サービスはこれらを実現するためのサービスです。

テレワーク・リモートワークの必要性

新しい生活様式」に対応した業務環境には必要不可欠とも言えるのが VDI です。近年、生産性の向上や災害対策の BCP 環境、多様な働き方を実現するプラットフォームとしてもニーズがあります。

同様の対策を VPN で実現している方も多くいることでしょう。
VPN と VDI はともにリモート接続の手段ですが、VDI はゼロトラストセキュリティ対策に対応したものとなります。

VPN では利用端末を含む社内ネットワークは安全という考え方のもと利用するものとなります。リモート接続時にネットワークの安全性を 100% 確保するには従業員の使い方に大きく依存することになり、セキュリティリスクを従業員に大きく委ねることにもなりかねません。
自宅などリモートワーク環境のネットワークセキュリティが十分に守られているのであればリスクはオフィス同様と言えることでしょう。

当社では VDI を利用したセキュアなリモートワーク環境の構築を推進しています。

クラウド VDI の構成パターン

当社では以下のいずれの構成にも対応しております。

  • Azure Virtual Desktop (Native AVD)
  • Citrix Virtual Apps and Desktops Standard with AVD (CVAD Standard)
  • Citrix Virtual Apps and Desktops Premium with AVD (CVAD Premium)
  • VMware Horizon Cloud on Microsoft Azure with AVD (VMware Horizon)
Native AVDCVAD standardCVAD premiumVMware Horizon
Windows 10 の利用
マルチセッション
必要なライセンスWindows 10Windows 10
CVAD Standard
Windows 10
CVAD Premium
Windows 10
VMware Horizon
Azure AD 認証×
通信品質
各種管理機能
閉域接続××

参考: Citrix Virtual Apps and Desktops
https://www.citrix.com/ja-jp/products/citrix-virtual-apps-and-desktops/feature-matrix.html

参考: VMware Horizon Cloud on Microsoft Azure
https://www.vmware.com/jp/products/horizon-cloud-virtual-desktops.html

Azure Virtual Desktop とは

Azure Virtual Desktop とは、Microsoft によるファーストパーティ VDI ソリューションとなっており、コントロールプレーンと呼ばれるエンドポイントやブローカーといったサービスがマネージドサービスとして提供されています。
一方、Windows 10 等の VM は利用者が自由に管理できるセミマネージドサービスとなっています。

Azure Virtual Desktop の特徴

  • Windows 10 マルチセッション対応
  • Windows 7 on クラウド対応(Extended Security Update 無償対応)
  • SBC / VDI 両方に対応
  • Microsoft 365 Apps for enterprise 対応 ※別途該当のライセンスが必要

Windows 10 マルチセッション対応により、Windows Server による Remote Desktop Service 同様にユーザー集約型の利用が可能となり、大きくコスト削減を実現します。
VDI 導入においてコストが課題となっていたお客様はぜひこの機会にご検討いかがでしょうか。

Azure Virtual Desktop に必要なライセンス

展開する OS によって必要なライセンスが異なり、以下のようになっています。

OS必要とされるライセンス
Windows 10 Enterprise マルチセッションまたは Windows 10 EnterpriseMicrosoft 365 E3、E5、A3、A5、F1、Business
Windows E3、E5、A3、A5
Windows 7 EnterpriseMicrosoft 365 E3、E5、A3、A5、F1、Business
Windows E3、E5、A3、A5
Windows Server 2012 R2、2016、2019ソフトウェア アシュアランス付きの RDS クライアント アクセス ライセンス (CAL)

上記ライセンスの他、VM 等の Microsoft Azure 利用料が必要となります。

当社ではこれらすべてのライセンス提供についても対応しているため、ご所望の方がいらっしゃいましたらぜひお声掛けください。

CVAD Standard とは

Citrix Virtual Apps and Desktops Standard は従来登場していた CVAD Premium と比較すると、いくつかの機能は削られていますが、基本的な VDI としての機能は持っており、構築面でも非常に簡易的に構築ができる廉価版という位置づけとなっています。

1,000 ユーザー以下の小~中規模向けのソリューションとなっています。

導入支援サービス

Azure Virtual Desktop は Microsoft Azure が利用可能なお客様はご自身でも導入・展開することは可能です。
一方、技術的な要件がいくつかあり、これらの知見があれば容易に展開することが可能ですが、ノウハウがない場合は難易度のやや高めのサービスとも言えます。
まずはご自身で試された上でご相談いただくのも良いかと思います。

サービスメニュー説明料金
簡易PoCAzure Virtual Desktop をまず使ってみて検証してみたい方向けに簡易構成での導入支援を行います。
PoC メニューはこちらを参照ください。
30万円~
※ADやAzureADの構成によって金額が変わることがあります
導入支援サービスAzure Virtual Desktop を本格導入するにあたって必要な各種設定を行います。
設定例として、以下のようなものがあります。
・管理ポータルの展開
・ユーザープロファイル管理設定
・セキュリティポリシー設定
・負荷分散設定
・電源管理設定
・運用設計
・マルウェア対策支援
・オリジナルイメージ作成支援
・関連グループポリシー設定支援
対応内容により異なるため、個別にお問い合わせください。

当社は Azure Virtual Desktop の高度な設計・構築対応を認められたパートナーの 1 社となります。マイクロソフトゴールドパートナーの上位パートナー認定制度となっており、第三者による監査を経て認められたものとなります。
クラウド VDI に関する知見をどこよりも持っていると自負しておりますので、お客様にとっても有用なサービスと認識しており、日々情報をキャッチアップし、検証を行っております。
ぜひともこの機会にご検討ください。

AVD 利用料金の試算

AVD をご検討の方に対して、AVD を利用した場合の必要なライセンス料金が試算できるツールをご用意いたしました。
いくつかの質問に答えるだけで、Azure や Windows のライセンスコスト、それらの 1 ユーザーあたりのコストを算出可能です。
ご検討時にあたって、ぜひご活用ください。
https://cloudsteady.jp/solution/wvd_cost/index.html

お客様のご要望に応じて構成をご提案致します。
まずはご相談ください。

 

お問合わせはこちら