Windows Virtual Desktop における FSLogix の基本的な設定

FSLogix は Windows Virtual Desktop (以下、WVD)において標準的なユーザープロファイル管理の仕組みとなっており、従来の RDS における移動プロファイル方式の代替手段にもなっています。
FSLogix を使用することでユーザープロファイル管理の高いパフォーマンスとOffice 365 利用の最適化などいくつかのメリットがあります。

FSLogix のダウンロード

下記ページ内のリンクより FSLogix をダウンロードし、WVD に展開した Windows 10 にインストールします。
[Download and Install FSLogix]
https://docs.microsoft.com/en-us/fslogix/install-ht

本記事では設定内容にフォーカスするため、詳しいインストール方法は割愛します。上記 URL 内の説明に従っていただければ何も難しくないです。

基本設定

運用環境で FSLogix の設定変更を行うには、ドメインのグループポリシーで管理することになります。
管理テンプレートを展開すると以下のパスで設定変更が可能となります。

[コンピューターの構成] > [ポリシー] > [管理テンプレート] > [FSLogix]

以下のような階層で設定が用意されています。

FSLogix の有効化

まず、こちらの設定を Enabled に変更します。

[コンピューターの構成] > [ポリシー] > [管理テンプレート] > [FSLogix] > [Profile Containers] > Enabled

次に以下の設定でユーザープロファイルの保存先を指定します。

[コンピューターの構成] > [ポリシー] > [管理テンプレート] > [FSLogix] > [Profile Containers] > [Cloud Cache] > Cloud Cache Locations

Enabed とした上で、詳細設定はこちらを参考に入力してください。
[Tutorial: Configure Cloud Cache to redirect profile containers or office container to multiple Providers]
https://docs.microsoft.com/en-us/fslogix/configure-cloud-cache-tutorial

一部抜粋すると以下のルールで入力します。

  • ファイルサーバ等に保存する場合は「type=smb,connectionString=\\Location1\Folder1」の形式で入力
  • Azure の Blob に保存する場合は「 type=azure,connectionString=”接続情報” 」の形式で入力
  • コンマの周りにスペースは入れない
  • 複数保存先を指定する場合はセミコロン(;)で区切り、最大4箇所に保存可能

以上、2つの設定で FSLogix によるユーザープロファイル管理機能を最低限利用することは可能です。

その他、これらの設定も有効化すると Windows 10 内のディスクスペースの最適化が行われるため、オススメです。

[コンピューターの構成] > [ポリシー] > [管理テンプレート] > [FSLogix] > [Profile Containers] > Delete local profile when FSLogix Profile should apply

[コンピューターの構成] > [ポリシー] > [管理テンプレート] > [FSLogix] > [Profile Containers] > [Cloud Cache] > Clear local cache on logoff

冗長構成

さきほど記載したように Cloud Cache Locations に複数指定することで冗長構成が可能となります。

例えば、東日本リージョンに構築する場合、プライマリーの保存先を東日本に指定し、セカンダリーを西日本に指定するなどの構成となります。

仮に1つの保存先が消失したとしても、残りの保存領域から復元してくれます。
同様に後からこの設定を変更することで保存先を増やしたり、変更したりすることが容易に可能です。

パフォーマンス

WVD の構成として AD をベースとした構成が一般的かと思うため、ファイルサーバとBlobによる違いを確認しました。

その結果、体感的なパフォーマンスはこのようになりました。
ファイルサーバ ≒ Blob(SSD) > Blob(HDD)

なお、Azure AD DS を含む構成の場合は Azure Files や Azure NetApp Files など、よりパフォーマンスの高い方法があります。

コスト

一方、ランニングコストや運用コストはこのようになります。
ファイルサーバ > > > Blob(SSD) > Blob(HDD)

どうしても OS の管理などを行うコストは避けたいところです。
ファイルサーバではディスク容量にも気を配る必要があるでしょう。

総合判断としては Blob(SSD)が最も最適な保存先と言えるかもしれません。
みなさまも PoC で何が最適かご確認いただきたいところです。

容量

プロファイル領域の容量は何も設定しないと既定では 30 GB となっています。
こちらの設定で変更可能です。

[コンピューターの構成] > [ポリシー] > [管理テンプレート] > [FSLogix] > [Profile Containers] > Size in MBs

この設定は VHD の仮想サイズ(実際に Windows 10 から保存可能な領域)の指定となります。物理サイズ(VHD ファイル自体のファイルサイズ)は圧縮されており、既定の 30 GB で展開しても数百 MB しかありません。
物理サイズについては既定では動的に拡張される動きとなります。以下の設定でコントロール可能です。

[コンピューターの構成] > [ポリシー] > [管理テンプレート] > [FSLogix] > [Profile Containers] > Dynamic VHD(X) Allocation
※ デフォルトは Dynamic

既定で VHD の物理サイズは動的に拡張される一方、仮想サイズは初期設定によって決まるため、必要とされる十分な容量を確保しておくのが無難かもしれません。

万が一、拡張を余儀なくされる場合は diskpart コマンドによる VHD の拡張と Windows 10 内でのディスクの設定により拡張することが出来ました。かなりイレギュラーな対応なので対応方法は割愛します。

アプリケーション公開時の考慮事項

デスクトップ公開ではなく、Windows Server によるアプリケーション公開時などに検討すべき設定があります。
同一ユーザーで複数のセッションが想定されるような場合です。

[コンピューターの構成] > [ポリシー] > [管理テンプレート] > [FSLogix] > [Profile Containers] > Allow concurrent user sessions

以上、FSLogix における基本的な設定についてご紹介してみました。
弊社では WVD の構築や構築支援を行っております。お気軽にご相談ください。

いいね (この記事が参考になった人の数:14)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください