Visual Studio Codeで始めるデバッグ可能なnode.jsアプリ開発(express+ejsでhelloworldするとこまでのチュートリアル)

はじめに
なぜNode.js開発でVisual Studio Code(以下、VSCode) なのか?
VSCodeではJavaScriptとNode.jsの操作を効率化する機能が充実しています。

イメージしやすい点で言えば
・ソースエクスプローラとターミナルの操作を1ウィンドウで行える
・Git等のコード管理ツールにアクセス可能
・コードの静的解析やデバッグをシームレスに実現
・軽い とにかく 軽い

私の現環境では Node.js の開発ツールとしては、VSCode一択です。

出典: https://azure.microsoft.com/ja-jp/products/visual-studio-code/




ダウンロード
https://azure.microsoft.com/ja-jp/products/visual-studio-code/

インストーラをダウンロードしたら、インストーラの支持に従ってインストールを行います

簡単に機能の説明

VSCodeの機能を簡単に説明します。

ウェルカム画面
こちらはVSCode起動直後に表示されるウェルカム画面です

エクスプローラ

検索

ソース管理

デバッグ

拡張

統合ターミナル

デバッグコンソール

helloworldしてみる

ベースプロジェクトを作成する

1.ワークスペースを作成します

ターミナルでnpm initする

npm init

3.ターミナルでexpressとejsをプロジェクトにインストールする

npm install express ejs --save

 

4.新規ファイル作成を行います

5.作成したファイルに処理を入力します

var express = require("express");

var app = express();


// ejsをビューに使う為の設定
app.set("view engine", "ejs");


// http://localhost:8080/にアクセスしたときの処理
app.get('/', function(req, res){
// HTMLに埋め込むメッセージ
res.render("index", {hello:"hello world"});
});


app.listen(8080, () => console.log('asscess -> http://localhost:8080/'))


6.viewsフォルダを作成します


7.viewsフォルダ配下にindex.ejsを作成します


8.作成したファイルにデザインを入力します

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
    <meta charset="utf-8" />
    <title><%= hello %></title>
</head>
<body>
    <%= hello %>
</body>
</html>


9.package.jsonに『“start”: “node ./index.js”,』を追記します

“start”: “node ./index.js”,


10.ターミナルでnpm startします
package.jsonのscriptsのstartに設定した内容に従ってプロジェクトを実行するコマンドです
スタートして以下のような表示が出たら、Ctrlキーを押しながらリンク先を表示します

asscess -> http://localhost:8080/
image.png


11.ブラウザ上でhello worldを確認したら確認完了です



12.ここまでの考え方

13.Debugモードを使いこなすための設定
設定手順

以下のような設定ができていたら設定完了です

{
    // IntelliSense を使用して利用可能な属性を学べます。
    // 既存の属性の説明をホバーして表示します。
    // 詳細情報は次を確認してください: https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=830387
    "version": "0.2.0",
    "configurations": [
        
        {
            "type": "node",
            "request": "launch",
            "name": "プログラムの起動",
            "program": "${workspaceFolder}\\index.js"
        }
    ]
}


14.Debugモードの使い方

いいね (この記事が参考になった人の数:6)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください