Lシリーズ、Bシリーズの仮想マシンでディスクのホストキャッシュを変更したい

LシリーズとBシリーズの仮想マシンでは、ディスクのホストキャッシュのタイプを変更することが出来ないという仕様上の制限がございます。以下の画像のようにAzure Portalでもその旨のメッセージが表示されています。

しかしながら以下の手順を踏むことで、運用上この制限を回避することができます。
①事前に仮想マシンのインスタンスサイズをLシリーズ・Bシリーズ以外へ変更
②ホストキャッシュのタイプを変更
③仮想マシンのインスタンスサイズを元のサイズへ変更

以上のように一手間かかりますが、仮想マシンの作り直しと比較すると手軽に変更することが出来ます。

いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください