Azure Stream Analyticsを使用する場合の注意点

Azure Stream Analyticsの注意点について記述していきます。

 

その前に

Azure Stream Analyticsとは

参考URL:https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/stream-analytics/stream-analytics-introduction

 

簡単に言ってしまうと入力で受け取ったデータをクエリにて処理を行い、出力側に送ることが出来るPaaSタイプのリソースです。

勿論どんなものからの入力を受け付けるわけでなく、以下の3種からのみの入力を受け取ることができます。

 

・Azure Event Hubs
・Azure IoT Hub
・Azure BLOB Storage

 

参考URL:https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/stream-analytics/stream-analytics-define-inputs

 

また、出力先としてサポートされるものも以下に限定されます。

 

・Azure Data Lake Storage Gen 1
・SQL Database
・BLOB ストレージと Azure Data Lake Gen2
・Event Hubs
・Power BI
・テーブル ストレージ
・Service Bus キュー
・Service Bus トピック
・Azure Cosmos DB
・Azure Functions

 

参考URL:https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/stream-analytics/stream-analytics-define-outputs

 

JSON形式であれば、何にでも直接入力、出力が可能ではないので、ご注意ください。

 

 

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。