Office 365 のマルチジオについて

Office 365 のテナントは、契約された国の最寄りのデータセンターを利用する仕様となっており、日本で契約されたかたは既定で日本のロケーションとなり、ひとつのテナントで複数のロケーションにまたがって運用することはできませんでした。

しかし、データの配置を複数の地域に拡張できるマルチジオ機能が実装されたことから、利用データを保管する地域を指定できるようになりました。
これまでは、コンプライアンス要件を満たすためにテナントを複数契約することで、データの所在を分けるなどの考慮が必要でしたが、これからはシングルテナントであっても柔軟に対応できます。

前提条件として、500ユーザー以上有するお客様であることなどの前提条件がありますので、以下サイトをご確認ください。

[グローバル データ所在地をコントロールする Multi-Geo]

https://products.office.com/ja-jp/business/multi-geo-capabilities

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。