Azure への移行パターンについて

SQL Server やアプリケーションを、Azure などのクラウドに移行するパターンは大きく4つに分類できます。
採用する手順は、技術的な要件やビジネス目標によって変わります。
以下に特色をまとめますのでご覧ください。

 

 

リホスト(Lift & Shift)

リファクター リアーキテクト リビルド
内容 そのままクラウドにデプロイ クラウドのメリットを活かすための調整を行う アプリケーションをマイクロサービス化 クラウド・ネイティブなアプリを新規作成
メリット ・設備投資の削減
・データセンター領域の解放
・迅速なクラウド ROI
・迅速な更新
・コードの移植
・クラウド効率の向上
 (リソース、速度、コスト)
・アプリのスケーラビリティー
・新しい機能の導入が容易
・ミックステクノロジー
・イノベーションを加速
・アプリの迅速な構築
・運用コストの削減
技術 IaaS

PaaS

コンテナー化

PaaS

サーバーレス

マイクロサービス化

 

各項目の詳細や移行例は、以下サイトをご覧ください。

[アプリケーションの移行パターンと例]
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cloud-adoption-framework/migrate/azure-best-practices/contoso-migration-overview

いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。