Windows Virtual Desktop で多要素認証を行う

セキュリティ対策として、Windows Virtual Desktop(以下、WVD)で多要素認証(以下、MFA)を行うという要件は当然のように出てくることでしょう。
WVD では基本的に2つの認証を行います。Azure AD と AD DS の認証です。
MFA を行う場合、通常 Azure AD にアクセスするタイミングが MFA のトリガーとなります。

詳しく動作や設定方法などを解説していきます。

アプリケーションによる MFA の動作の違い

デスクトップアプリケーションで WVD を利用する場合

WVD 向けのデスクトップアプリケーションでは、初回のユーザー認証時のみ MFA が動作することになります。Azure AD の認証はこの初回の認証後は記憶され、都度行われることはありません。
また、AD DS の認証も同様に資格情報を記憶することにより、2つの認証をスキップし、実質認証なく WVD を利用することも可能です。

ブラウザで WVD を利用する場合

ブラウザの場合も同様に Azure AD と AD DS の認証があり、Azure AD の認証で MFA が動作するかどうかはブラウザのセッションの状態に依存しますが、新規のセッションの場合、都度 MFA が動作します。

すでにブラウザのセッションにユーザー情報があると、ログには「MFA requirement satisfied by claim in the token」というメッセージが記録され MFA がスキップします。
条件付きアクセスの設定でセッションの扱い方は一部コントロール可能です。

MFA の設定

Azure AD で MFA を行う場合、アプリに関わらずユーザーに対して設定することや条件付きアクセスによって、アプリを指定したり一定の条件下で MFA が動作することが出来ます。
条件付きアクセスを利用することで以下のようなシナリオが実現可能となります。

  • 指定の IP 以外は MFA またはブロック
  • 指定の端末以外は MFA またはブロック
  • 利用可能な OS を指定(モバイルからの利用可否)
    ※動作未確認。そもそも Windows 以外からアクセスする場合は VDA の権利が必要となるのでご注意ください。

詳細解説

WVD を利用した場合の Azure AD のサインインログを確認すると、アプリケーションは「Windows Virtual Desktop Client」として記録されます。
Azure AD に登録されたエンタープライズアプリケーションの「Windows Virtual Desktop Client」です。

ところが、条件付きアクセスの設定において現在このアプリケーションを指定しても MFA は動作しません

「Windows Virtual Desktop」というアプリケーションを指定することで WVD に対して MFA を設定することが出来ます。

もしくは、アプリケーションの指定なく一律で ユーザーに対して MFA を設定すると動作します。

サインインログと条件付きアクセスの設定内容に矛盾があるのでご注意ください。
仕様なのか不具合なのかは不明です。

条件付きアクセスで可能な設定

条件付きアクセスでは、対象ユーザーや対象アプリケーションを指定して、場所や接続端末に条件を付けて MFA やブロックを行うことが出来ます。
場所とは、指定の IP や国・地域を選択することも可能です。

デスクトップアプリケーションやブラウザの一方を制限することが出来るか確認してみましたが、どちらかを宣言してもともに利用することが出来なくなりました。
クライアントアプリケーションをブロックする設定でもブラウザから利用できなくなるのは明らかに不具合と思われます。

まとめ

Azure AD の MFA を利用することは出来ますが、デスクトップアプリケーションでは初回しか確認がないため、同一端末において2回目以降利用時の本人確認は難しくなります。
MFA だけではなくブロックする場合も同様です。指定の IP 以外では使わせたくない場合も初回さえクリアすれば指定外の IP からも利用できる点は注意が必要です。

少なくとも ID やパスワードが漏洩したとして、第三者から別の端末から接続されることは防ぐことは出来るため何が安全なアクセスで、何が危険なアクセスとされるか理解した上で利用する必要がありそうです。

いいね (この記事が参考になった人の数:9)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください