「Connect-MicrosoftTeams」をアカウント資格情報の手入力なしで行う方法

PowerShellにてTeamsを管理する場合、まず「Connect-MicrosoftTeams」コマンドを入力しますが、その際接続するアカウントの資格情報を入力しなければなりません。

「Connect-MicrosoftTeams」を含んだスクリプトを実行する際に都度資格情報を入力したくない、という場合には、「予め資格情報をxmlファイルとしてエクスポートしておき、スクリプト内でそのxmlファイルをインポートする」という方法が有効です。

 

資格情報のxmlファイルとしてのエクスポートは以下で可能です。

Get-Credential | Export-Clixml -Path “(xmlファイルを格納するフォルダのパス\ファイル名).xml”

 

次にエクスポートしたxmlファイルをインポートし、それを「Connect-MicrosoftTeams」で使用します。

 

例えば以下ドキュメントの例2では、「Connect-MicrosoftTeams」の「Credential」オプションに「Get-Credential」の結果を指定していますが、

https://learn.microsoft.com/en-us/powershell/module/teams/connect-microsoftteams?view=teams-ps#description

$credential = Get-Credential

Connect-MicrosoftTeams -Credential $credential

「Get-Credential」を実行しているので資格情報を入力しなければなりません。

 

そこで「$credential」に先ほどエクスポートしたxmlファイルのインポート結果を指定します。

$credential = Import-Clixml -Path “(xmlファイルを格納しているフォルダのパス\ファイル名).xml”

Connect-MicrosoftTeams -Credential $credential

 

このように、事前に資格情報をxmlファイルとしてエクスポートしておき、スクリプト内ではそのxmlファイルをインポートするだけで、「Connect-MicrosoftTeams」を実行する度に資格情報を入力する手間を省くことができます。

 

 

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください