AIPスキャナーをPowerShellでインストールする時に、エラーが出る場合の対処法

はじめに

AIPスキャナーをインストールする時、Windows PowerShellを管理者権限で開き、「Install-AIPScanner -SqlServerInstance [サーバーインスタンス名] -Cluster [作成したクラスタ名]」コマンドを実行します。

今回は、コマンドを実行してもエラーが出てしまい、インストールできない時の対処法をご紹介します。

 

前提

AIPスキャナーをインストールするには、事前に SQL Server や AIPクライアントをインストールする必要があります。

 

エラー発生時の対応

AIPクライアントをインストール後、AIPスキャナーをインストールするために、「Install-AIPScanner -SqlServerInstance [サーバーインスタンス名] -Cluster [作成したクラスタ名]」コマンドを実行します。

しかし、コマンドを認識できないという旨のエラーが表示される場合があります。

 

この時、次に「Import-Module AzureInformationProtection」を実行して、Install-AIPScanner コマンドがPowerShell側に認識されるかを確認します。

その後、AIPスキャナーをインストールするコマンドである、「Install-AIPScanner -SqlServerInstance [サーバーインスタンス名] -Cluster [作成したクラスタ名]」を実行します。

すると、今度はInstall-AIPScanner コマンドが認識されて、AIPスキャナーをインストールすることができるようになります。

 

正常にインストールが完了すると、「The Commit phase completed successfully.」「The transacted install has completed.」と表示されます。

 

エラーが解消された理由

Install-AIPScanner コマンドは、AzureInformationProtection モジュールに含まれる内容になっています。

該当モジュールは、事前に行う手順であるAIPクライアントのインストール時に、同時にインストールする流れになっています。

しかし、何らかの理由で該当モジュールがインストールできない場合があります。

よって、インストールできていない状態だと、 Install-AIPScanner コマンドが認識されないため、コマンドを実行してもエラーが出てしまいます。

 

その時、Import-Module AzureInformationProtection コマンドを実行して、該当モジュールを個別にインストールします。

すると、該当モジュールに含まれるInstall-AIPScanner コマンドが認識されるようになり、正常にAIPスキャナーをインストールすることができるようになります。

 

AzureInformationProtection モジュールの詳細は、以下URLを参照ください。

https://learn.microsoft.com/en-us/powershell/module/azureinformationprotection/?view=azureipps

 

いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください