Load Balancer配下のVMを指定して通信したい

Azure Load Balancer配下にIaaS VMが複数存在しており、特定のVMに対して通信したい場合、Load Balancer設定の「インバウンド NAT 規則」を利用することで実現可能です。
インバウンド NAT 規則の「追加」から、以下の設定で対応可能です。

—————
サービス:任意のプロトコルを指定、なければCustom
ポート:LBが受信するポート、50001等
ターゲット仮想マシン:通信したい該当VMを選択
ターゲットポート:LB→VMに発生する通信のポート、HTTPなら80,RDPなら3389等
—————

上記設定の上、アクセスする際にポートを「:50001」のように指定することで、特定VMへ通信が可能です。

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。