Windows 10 Enterprise の CSP ライセンスとボリュームライセンスの違いについて

  CSP ボリュームライセンス
認証方法

サブスクリプション認証※1

MAK/KMS 認証

サブスクリプション認証

※1

ライセンスモデル

ユーザーライセンス

デバイスライセンス

ユーザーライセンス

仮想化使用権

Azure またはQMTH パートナーのみ

※2

あり
再イメージング権 なし あり
ダウングレード権 なし あり

 

※1

サブスクリプション認証は、Azure AD に登録されたユーザーアカウントに Windows 10 Enterprise ライセンスを割り当て後、Azure AD Join を行う必要があります。

詳細は以下サイトをご覧ください。

[Windows 10 Enterprise のライセンスの展開]

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/deployment/deploy-enterprise-licenses

※2

QMTH パートナーは以下サイトの”Get on the Authorized QMTH Partner list”からご確認ください。

[Qualified Multitenant Hoster Program]

https://www.microsoft.com/en-us/CloudandHosting/licensing_sca.aspx

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。