Microsoft 365 Business Premium と Office365 E3 のライセンス比較

はじめに

今回は、「Microsoft 365 Business Premium」「Office365 E3」 のライセンスを比較した内容をまとめました。

ライセンスの違いについてお問合せをいただいたことと、Business Premiumは担当のお客様で導入などが少なかったため情報がなかったこと、

またこの2ライセンスを直接比較している情報が少なく、違いについて調べてみました。

※今回記載の内容が全ての相違ではなく、ポイントを記載しております。
ライセンス形態が複雑で詳細な部分ではその他にも相違がある可能性があるため、必要に応じて調査等が必要です。

概要

「Microsoft 365」「Office365」の違いについて

はじめに、この2つのライセンスは「Microsoft 365」「Office365」と名称が異なります。この違いについて。

 

「Office365」は以下のようなメール、チャット共有・会議、ストレージ等のクラウドサービス(グループウェア)を中心に取り扱っているライセンスです。

  • Exchange (メール、予定表)
  • SharePoint/OneDrive (サイト、ファイルストレージ)
  • Teams (コミュニケーションツール、会議)
  • Outlook、Word、Excel、PowerPoint等のOfficeアプリケーション

「Microsoft 365」は、上記Office365のクラウドサービスに加えて、
Enterprise Mobility + Security (EMS) と呼ばれるセキュリティ機能などのサービスも組み込まれたパッケージ製品となります。

ポイント:
「Office365」はOffice365クラウドサービスに特化したライセンス
「Microsoft 365」はOffice365を含めたサービスにプラスしてセキュリティ等の多種機能が盛り込まれているライセンス

 

名称変更について

Microsoft 365製品として判別するために、2020年4月21日に製品名が変更になっています。本記事では新名称で記載します。

1.Microsoft 365 Business Standard(旧:Office 365 Business Premium)
2.Microsoft 365 Business Premium(旧:Microsoft 365 Business)

参考:中堅中小企業のお客様に向けた新たな Microsoft 365 プラン

 

ライセンス比較

利用ユーザー規模について

Microsoft 365 Business Standard / Microsoft 365 Business Premium
上記ライセンスは最大300ユーザー規模の中小企業向けライセンスとなります。Business Premiumが上位プランとなります。

 

Office365 E3
上記ライセンスはユーザー数無制限の大企業向けライセンスとなります。

 

ポイント:

Microsoft 365 Business Standard / Microsoft 365 Business Premium は「最大300ユーザー規模」となるため、こちらに該当しない企業の場合は大企業向け「Microsoft 365 E3 / E5」をご検討ください。

 

 

メール、会議、ストレージ等の Office365クラウドサービス

 

 

Microsoft 365

Business Standard

Microsoft 365

Business Premium

Office365 E3

Exchange Online

(メール、予定表) (※1) 

Plan 1 (50 GB) Plan 1 (50 GB) Plan 2 (100 GB)

SharePoint Online (サイト、ファイルストレージ) 

Plan 1 Plan 1 Plan 2
OneDrive for Business (※2) Plan 1 (1TB) Plan 1 (1TB)   Plan 2 (無制限)
Teams(チャット、会議コミュニケーション) Live Events含まれない (※3) Live Events含まれない (※3) Live Events含め利用可能

(※1)

Plan 1:メールボックス容量はユーザー 1 人あたり 50 GB
Plan 2:メールボックス容量はユーザー 1 人あたり 100 GB(共有メールボックスは50 GB)

(※2)

Plan 1:ユーザー 1 人あたり 1 TB のOneDrive個人用ストレージ
Plan 2:OneDrive個人用ストレージ無制限(条件としてユーザー数が 5 人以上の場合)

(※3)
Microsoft Stream でライブ イベントを作成する機能は含まれない。

参照:ライブイベントのセットアップ 「Stream は Business Essentials プランや Business Premium プランには含まれません。」

 

ポイント:

Office365 クラウドサービスの比較では、Office365 E3 が上位版の機能となっています。

SharePoint Online Plan2 には機密情報の保護 (データ損失防止:DLP) や電子情報開示 (eDiscovery) 等、コンプライアンス対応の機能も含まれています。

 

 

セキュリティ

 

 

Microsoft 365

Business Standard

Microsoft 365

Business Premium

Office365 E3

Azure Information Protection(情報保護)

 –  P1 for Office 365

Intune(デバイス管理、アプリ管理) 

 –   – 
Azure Active Directory (ID、アクセス管理)  –  Premium P1    – (Office 365標準のAzure AD 機能)

Microsoft Defender(脅威対策)

 – for Business  –

 

ポイント:

Microsoft 365 Business Standard / Microsoft 365 Business Premium の違いとして

Microsoft 365 Business Premium は、Azure Information Protection (AIP) P1 、Intune、Azure Active Directory Premium P1 といった企業に必要なセキュリティ機能がライセンスに含まれています。

一方で、Microsoft 365 Business Standardは上記セキュリティ製品を保有せず、その分毎月のコストは抑えた低価格での導入が可能なライセンスとなっています。

セキュリティの比較では、Microsoft 365 Business Premium が上位版の機能となっています。

 

 

その他

  • Microsoft 365 Business Premiumには、Windows 10 Pro と Windows 11 のアップグレード権が含まれています。
    (Microsoft 365 Business Premium を使用して組織内の Windows PC を管理するには、その PC が Windows 11 または Windows 10 Pro を実行している必要があります。)

  • ライセンスの切替について
    例えば同じ契約形態の中で、Office365 E3 から Microsoft 365 Business Premiumに切り替えることは可能です。
    ライセンスの切り替え方法としては、グローバル管理者の権限を持つアカウントで [Microsoft 365 管理センター] にアクセスし、
    [ユーザー] > [アクティブなユーザー] にて、各エンドユーザーに割り当てられたライセンスを
    E3 から Business Premium に割り当て直す形となります。

 

おわりに

  • 最大300ユーザー規模である、メールやストレージ等のOffice365クラウドサービスのPlan1は利用範囲の制限なので問題なし、セキュリティ機能やデバイス管理などのライセンスを保有し活用したい、といった場合は「Microsoft 365 Business Premium」が適しています。

  • セキュリティ機能やデバイス管理などのライセンスは保有だけではなく運用設計および設定、管理が必要となります。
    そのため、AIPやIntune等のライセンスを活用する予定がない、Office365クラウドサービスは利用したいがコストを抑えたい、
    といった場合は「Microsoft 365 Business Standard」となります。

  • Office365クラウドサービスを制限なく活用したい、標準的なセキュリティが備わっているライセンスで対応可能な場合は「Office365 E3」となります。Office365 E3にプラスしてIntuneやEMSライセンスを導入することも可能です。

以上ライセンス比較について整理した内容となりますが、ご検討いただく際の参考になれば幸いです。

 

参考資料

■Microsoft 365 Business Standard / Microsoft 365 Business Premium

プランと価格:https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/business/#coreui-heading-hiatrep

Microsoft 365 Business Premiumの概要:https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/business/microsoft-365-business-premium?activetab=pivot:overviewtab
プラン比較表 (Microsoft 365 Business)

 

■Office365 E3

プランと価格:https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/enterprise/compare-office-365-plans

Office365 E3の概要:https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/enterprise/office-365-e3?activetab=pivot:overviewtab

プラン比較表:(pdf ファイルがダウンロードされます)

 

■機能比較

AIP(Azure Information Protection)の比較

Microsoft 365 および Office 365 の各プランで使用できるサービス

主なMicrosoft 365機能とOffice 365機能の一覧

 

 

いいね (この記事が参考になった人の数:2)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください