Exchange メールフロールールでPDFの秘密度ラベルを判定することは出来ますか。

結論から申し上げますと、メールフロールールでPDFの秘密度ラベルを判定することは出来ません。

 

秘密度ラベルをOfficeファイル(Excel・Word・PowerPoint等)に対して付与すると、
保護ラベルの場合は、ファイルのプロパティに[カスタム]タブが表示され、秘密度ラベルが付与されていることが確認できます。
分類ラベルの場合は、プロパティには表示されませんが、内部的にプロパティが付与されている動作となります。

 

PDFファイルに対しても、保護ラベル・分類ラベルともに付与することは可能です。
しかし、どちらのラベルにおいても、内部的にプロパティは付与されない動作となります。

 

Exchange のメールフロールールにおける拡張子の識別では、PDFはサポートされる拡張子に含まれています(*1)が、秘密度ラベルのプロパティを読み取れないため、PDFファイルの秘密度ラベルをメールフロールールで判定することは出来ません。

ーーー
<参考情報>
メール フロー ルールによるコンテンツ検査でサポートされているファイルの種類(Microsoft 公式ドキュメント)

 

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください