Azure Monitorのログアラート設定において、全く同じログ出力が複数回あった場合、通知を1件のみにできますか?

ディメンション  の設定を利用すれば可能です。

まず、Azure Monitorのアラートルールでは、複数リソースを対象としたアラートルールの作成が可能です。
Microsoft Azure portal で新しいログ警告ルールを作成する

この設定を実施する際、「ディメンション」という設定を利用し、特定リソースの障害情報を”分割して”通知することが可能です。

具体的な設定箇所でいうと、以下です。
【イベントログでの設定例】

まず「」 の「ディメンションで分割する」という指定で、「_ResourceID」を指定した場合
アラートのターゲット (Affected Resource)ごとに、通知が分割されます。かなりざっくりとした説明ですと、メール通知を利用する際、メールタイトルにリソース名が含まれるかどうか、に影響します。
※この「①」の設定を実施せず、「②」だけの設定を投入してアラート通知自体を分割することは可能です。ただ、メールタイトルにリソース名が含まれなくなる為、分かり辛い、という影響があります。

がアラート通知する際に、どの単位で通知したいか、というメインの設定となります。上記設定はイベントログ監視を想定したものですが、
「ホスト名」(Computer)と「イベントログ内容」(RenderDescription)をディメンションで指定している為、ホスト及びイベントログ内容毎に、アラートが分割されて通知されます。
つまり、同じホストで同じログが評価期間内に複数発生した場合、1件のアラートとして通知されます。

例えば、上記【イベントログでの設定例】で、以下条件だとした場合を考えます。
【条件】
・クエリ条件での監視対象ログを「ERROR」とする
(| where RenderedDescription == “ERROR”)
・アラートルールの集計期間と評価期間は共に5分とする

【ログ発生条件】
5分間のうち、同一ホストで以下のログ出力があった
ERROR1
ERROR2
ERROR2
ERROR2
ERROR3
ERROR3

上記の場合、アラート通知は「3件」です。ERROR2 と ERROR3はそれぞれまとめて通知されます。
まとまった通知のメールサンプルは以下です。(以下サンプルは10件のログ発生がまとまって通知されたものです)

「ディメンション」を利用した場合、アラートは設定された単位で分割されて通知されます。「ホスト名」と「ログメッセージ内容」の2つを指定した場合、アラートは、「ホスト名」及び「ログメッセージ内容」の2つの要素を基に通知が分割されるということです。例えば、ここにさらにディメンションを追加し、さらに細かく通知を分割することももちろん可能です。

いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください