Azure MonitorとLogic Appsを連携してみる。

はじめに

本記事ではAzure MonitorとLogic Appsの連携について記述したいと思います。Azure Monitorでのアラートではアラートメールのカスタマイズが基本的には不可能であるため、アラートメールのカスタマイズを実現する為に、Logic Appsとの連携についての検証を実施しました。

前提条件

本記事では以下を前提として記述を進めたいと思います。
・Logic Appsのリソースが作成済みであること
・Logic Appsと連携したい(メール通知したい)Azure Monitorのアラートルールが作成済みであること
・アラートメールの送信元として設定するメールアドレスがMicrosoft 365(Exchange Online)のアドレスであること。

作業概要

作業概要は以下の通りです。
①Logic Appsの編集
②Azure Monitor アクショングループの作成
③アラートルールとアクショングループの関連付け
④動作確認

 

作業手順

①Logic Appsの編集

・Azure Portalにログインし作成済みのLogic Appsリソースの「ロジックアプリデザイナー」を開きます。

 


・「テンプレート」の「Azure Monitor Metrics Alert Handler」を選択します。


・「このテンプレートを使用する」をクリックします。


・「新しいステップ」をクリックします。


・「Outlook」と検索し、「Office 365 Outlook」を選択します。


・「メールの送信」を選択します。


・「サインイン」をクリックします。


・アラートの送信元とするMicrosoft 365のアカウントでログインします。


・宛先アドレス、件名、本文を入力し「保存」をクリックします。


 

②Azure Monitor アクショングループの作成

・Azure Monitorのアクショングループの一覧画面を開き、「作成」ボタンをクリックします。


・以下について任意の値を入力し、「次へ:通知」をクリックします。
 ・リソースグループ
 ・アクショングループ名
 ・表示名


・「次へ:アクション」をクリックします。


・「アクションの種類」にて「ロジックアプリ」を選択します。
 「名前」に任意の名称を入力します。
 右画面の「リソースグループ」にて、先程編集したLogic Appsリソースが存在するリソースグループを選択肢、「ロジックアプリを選択します」欄に先程編集したLogic Appsリソースを選択します。


・「OK」をクリックします。


・「確認および作成」をクリックします。

 


・「作成」をクリックします。


 

③アラートルールとアクショングループの関連付け

・Azure Monitorのアラートルールの一覧画面を開き、先程作成した「アクショングループ」を関連付ける「アラートルール」をクリックします。


・「アクショングループの選択」をクリックします。


・「アクショングループ」にチェックを入れ、「選択」をクリックします。


・「保存」をクリックします。


 

④動作確認

・アラート条件を満たした際に、設定した通りの送信元メールアドレスからアラートメールが通知されることを確認します。以下はサンプルメールです。


最低限の設定ではありますが、以上のように進めることでAzure Monitorのアラートメールのカスタマイズが可能であることを確認することができました。アラートメールをカスタマイズする際の一つの方法として参考としていただければ幸いです。

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください