【AIP】一括で複数ファイルのラベルを操作する方法はありますか

PCにAIP統合ラベル付けクライアントをインストールすることで、一括でラベルを操作(付与・変更・削除)することが可能になります。
方法は、フォルダに対してラベル操作を行います。操作したフォルダ配下のファイル及びサブフォルダ配下のファイルのラベルが一括で切り替わります。(ファイル数に比例して時間がかかります。)

アクセス許可設定がユーザーに委任されている場合、その設定も同時に一括で行われます。

また、ラベル付けが行えないファイルに対しては、付与はスキップされ、最後に(csvで)結果が分かります。


[ 方法 ]

1.AIP統合ラベル付けクライアントをインストール

プログラム[ Microsoft Azure Information Protection ]がインストールされている

2.一括操作したいファイルをフォルダ配下にまとめる

フォルダ配下に一括操作したいファイルをまとめる

3.フォルダに対してラベルを操作する

フォルダを右クリック > 分類して保護する を選択する
ラベル付与・変更・削除を実施する

4.結果を確認する

[ 結果の表示 ]を押すことで、csvファイルで操作したファイルのログを確認することができます。

[ 補足 ]
・本方法でラベル付けを行った場合、アクティビティエクスプローラーや Azure Log Analytics のログには、ファイル単位のアクティビティログが残ります。

・操作が適用されるのは、操作時に該当フォルダ配下に存在するファイルに対してのみです。あとでフォルダ配下にファイルを移動しても、そのファイルにはラベル操作は適用されません。

Microsoft 公式 Docs – エクスプローラーを使用してファイルを分類および保護する

エクスプローラーを使用すると、1 つのファイル、複数のファイル、またはフォルダーをすばやく分類して保護できます。

フォルダーを選択すると、そのフォルダー内のすべてのファイルと、そのフォルダーに含めるすべてのサブフォルダーが、設定した分類と保護のオプションに対して自動的に選択されます。 ただし、そのフォルダーまたはサブフォルダーに作成した新しいファイルは、これらのオプションで自動的に構成されません。

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください