App Serviceの課金はどのように行われますか?

こんにちはDXソリューション統括部の村松です。

 

今回はApp Serviceの課金についてお話しします。

結論から申しますとApp Serviceの課金は、紐ついているApp ServiceプランのインスタンスのSKU

その稼働数×時間に応じて課金されます。

App Serviceプランとは、インスタンスのSKU稼働数の管理単位です。

App Serviceは、このApp Service プラン上で動作します。

 

また、1つのApp Service プランには複数のApp Serviceを紐付けることができ、

1つのApp Serviceプラン上で、幾つApp Serviceを紐付けても課金は変わりません。

 

なお、紐付けられるApp Serviceの数に上限がありませんが、App Serviceプランごとに

推奨値があるそうで、例えばApp Service プランのSKUが”P2v3″(4vCPU,16GB)の場合は、

紐付けるApp Service数の推奨は32までだそうです。

 

※詳細は以下のドキュメントをご覧ください。

App Service plan Density CheckURL: https://azure.github.io/AppService/2019/05/21/AppService-Plan-Density-Check.html

 

以上 今回はここまでになります。またの機会にお会いしましょう!

 

いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください