Azure Monitor Workbooksの紹介

はじめに

Azure Monitor Workbooksを開設した日本語のブログ等のサイトがあまりありませんでしたので、
ざっくりとした説明とデプロイまでの手順を紹介したいと思います。

 

Azure Monitor Workbooksとは

Azureポータル上で、Azure上の様々なリソース(データソース)を、様々な形式で視覚化(視覚エフェクト)するツールとなります。
平たく言うと、Azureポータル上で、Azure上の様々なリソースデータをグラフやテキスト等表示したい方式でレポートできるツールです。

より詳しい情報は公式ドキュメントを参照ください。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-monitor/visualize/workbooks-overview
現時点で利用できるデータソースと視覚エフェクトの一覧は下図のとおりです。

 

デプロイ手順

デプロイはAzureポータルからのデプロイやARMテンプレートでのデプロイが可能ですが、
今回はAzureポータルからのデプロイ手順を紹介します。
※Azureポータル上の操作となります。

 

①ブックを新規に作成

Azureポータル > モニター > ブック
「新規」をクリック

 

②テキストの追加

「追加」をクリックし、「テキストの追加」をクリック

テキストをテキストフィールドに入力
入力後「編集が完了しました」ボタンをクリック

 

③ブックの保存

名前を付けて保存(保存アイコンが2個のもの)から作成したブックを保存
保存する際には、「タイトル」「サブスクリプション」「リソースグループ」「場所」の入力が必須となります。

 

テキストを追加しただけとなりますので、例として
仮想マシンの「Abailable Memory Bytes」と「Percentage CPU」のメトリックから
グラフデータを作成してみます。

 

④仮想マシンのメトリックの追加

追加ボタン> メトリック追加をクリック
「リソースの種類」プルダウンメニューから「仮想マシン」を選択
「メトリックのスコープ」プルダウンメニューから「リソーススコープ」を選択
「仮想マシン」プルダウンメニューから取得する仮想マシンを選択(複数選択可)
「時間の範囲」プルダウンメニューから表示期間を選択
「視覚化」プルダウンメニューからグラフの種類を選択
「サイズ」プルダウンメニューからグラフのサイズを選択(最小 小 中 大 最大から選択)
「カラーバレッド」プルダウンメニューから色を選択(デフォルトは自動)
「メトリックの追加」をクリックし、下記項目を入力/プルダウンメニューから選択する
メトリック設定の選択画面
「名前空間」プルダウンメニューから選択
「メトリック」プルダウンメニューから「メトリック」選択
「集計」プルダウンメニューから選択(選択項目:カウント 平均 最小値 最大値 合計)
「表示名(省略可能)」に任意の表示名を入力(必要時)
「保存」ボタンクリック
設定完了後、「メトリックの実行」ボタンをクリックしてグラフ表示されることを確認します。

Abailable Memory Bytesと「メトリック設定の選択」画面

 

Percentage CPU

 

おわりに

今回はAzure Monitor Workbooksを簡単に紹介させていただきました。
Azure Monitor Workbooksを利用して、日々のAzureリソース確認で活用したり、
月次の稼働状況のレポート等運用現場で利用できると思いますので、一度触ってみてはいかがでしょうか。

いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください