NSGのInternetタグを使う際の注意点

NSGのサービスタグ「Internet」は基本的に RFC1918 で定義されたプライベート IP アドレス(10.0.0.0/8、172.16.0.0/12、192.168.0.0/16)以外、全ての IP アドレスが含まれます。
そのため、このサービスタグを拒否した場合、
上記のアドレス範囲以外をプライベート空間に割り当てている際には接続ができなくなるので注意してください。
(優先度の関係でNSGにてデフォルトで設定されている65000番(vnet間の接続の許可)を上書くような形で拒否されるため,これを回避するためには追加でプライベートIP範囲をNSGに追加しないと接続ができないのご注意ください)
参考
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-network/virtual-networks-faq#what-address-ranges-can-i-use-in-my-vnets

いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください