所有しているドメインをAzure DNSで管理する

こんにちはDXソリューション統括部の村松です。今回はAzure DNSにお話してみようと思います。

 

Azure DNSとは?

Azure DNSとはAzureが提供する権威ドメインネームシステム(DNS)サービスです。

(AWSでいうところのRoute53)

Azure DNSには以下の2種類のサービスがあります。

 

  • Azure Public DNS(パブリックDNS)
  • Azure DNS Private Zone(プライベートDNS)

 

その中でもAzure Public DNSは外部向けの名前解決に用いられ、Microsoftのグローバルネットワーク内

に分際配置されています。これにより高い可用性と応答性を実現しており、SLAは100%となっております。

所有しているドメインのレジストラにAzureのネームサーバの情報を登録することで、そのドメインを管理する

ことができます。

それでは実際に所有しているドメインをAzure DNSで管理できるようにしてみましょう!

 

Azure DNSにドメインを登録する

0.前提条件

今回の検証環境は以下の通りです。

 

ドメインのレジストラ(ドメインの購入元):お名前.com

登録するドメイン名:xxxx.biz

 

1.DNSゾーンを作成する

1-1.「DNSゾーン」を開き「新規」をクリックします。

 

1-2.「DNSゾーンの作成」の「名前」にて管理するドメイン名を入力し、「確認および作成」をクリックします。

 

1-3.「作成」をクリックします。

 

1-4.DNSゾーンが作成されます。ネームサーバの情報を控えておきます。

 

2.ネームサーバの情報を登録する。

登録するドメインのレジストラにネームサーバの情報を登録します。

(ここではお名前.comを例としています。)

2-1.「ドメインの選択」にて登録するドメインのネームサーバ情報を確認します。

2-2.「ネームサーバの選択」にて4-1で控えたネームサーバの情報を登録します。

2-3.「ご確認」にて対象ドメインとネームサーバ情報を確認して「OK」をクリックします。

 

3.レコードを登録

それでは”1″で作成したDNSゾーンにレコードを登録して名前解決できるか確認してみましょう!

 

3-1.以下のようにAレコードを登録して、”www.xxxx.biz”で名前解決できるようにします。

www.xxxx.biz  A 230.78.22.22

※レコードの登録方法は以下のリンクを参考にしてください。

 DNSゾーンにDNSレコードを追加するには?

 

3-2.レコードが登録されていることを確認します。

 

3-3.名前解決できれば完了です。

 

これで所有しているドメインをAzure DNSで管理できるようになりました。

 

前述した通りAzure DNSの中でもAzure Public DNSはMicrosoftのグローバルネットワーク内に

分際配置されているため、高い可用性と応答性を備えております。

そのためグローバルに公開されているWEBサイト高いレスポンスが求められるシステム

においては、構成要素の1つとして検討してはいかがでしょうか?

 

今回はここまでになります。それではまたの機会にお会いしましょう!

いいね (この記事が参考になった人の数:3)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください