[Azure Virtual WAN] ExpressRouteにハブが接続されている環境において、Vnet間の通信が制御できない

Azure Virtual WANに作成したハブでExpressRouteを構成し、2つのVnetを接続している環境を想定します。また各Vnet間は通信ができないようにハブルーティングを構成します。
ハブの構成上は問題がないにも関わらず、Vnet間での通信ができてしまう場合はExpress Routeから広報されてくる経路情報に問題がある可能性があります。

ハブにExpress Routeを接続する前の構成を記載します。Vnet間では通信ができないように構成している(Vnet1の経路情報にVnet2が存在しない)。


ハブにExpressRouteを接続すると、Vnet間での接続ができてしまう場合、ExpressRouteから広報されてくる経路情報に問題がある可能性がある場合があります。


例えば上記構成において、ExpressRouteから広報として広いアドレス範囲(例:10.0.0.0/16)のネクストホップとしてExpressRouteの接続元ルーターであった場合は通信ができるようになってしまいます。


ExpressRouteから広報されてくる経路を制限するか、各VnetにUDRを作成して不要な経度をDrop(例えばVnet1からVnet2への通信をDrop)といった対処が必要になります。

Azure Virtual WANに関する情報は他の記事もありますのでご参照ください。
https://cloudsteady.jp/post/category/faq/azure-virtual-wan/

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください