WIPを適用するとEdge,IE以外のブラウザでインターネット接続できなくなる。

こんにちはDXソリューション統括部の村松です。

 

IntuneでWIP(Windows Infomation Protection)適用すると企業データを保護することができます。

しかし、これを適用になるとEdge,IE以外のブラウザでインターネット接続できなくなる事象が発生します。

 

 

これはIntuneの仕様でWIP設定時に適用するアプリ保護ポリシーにてIE,Edgeを保護対象アプリとして指定すると
既定では、上記のようにそれ以外のブラウザではインターネット接続ができなくなります。

 

インターネット接続できるようにするには、アプリ保護ポリシーのクラウド リソースの指定個所にて
以下の図のように末尾に|/appcompat/を追記するか、保護対象アプリにChrome,Firefoxなどを追加することで
インターネット接続できるようになります。

 

 

 

ただし、Chrome や FireFox などのサードパーティーのブラウザは 「WIP 非対応アプリ」なので、企業データが保護できません。

(既定でそれらのブラウザでインターネット接続ができなくなるのはそのためと思われます。)

そのため、サードパーティーのブラウザをご利用する際は、WIP以外の機能で企業データへのアクセスを制限するなど対策が必要になります。

 

WIPについての詳細は以下のドキュメントをご覧ください。

Windows 情報保護 (WIP) を使用した企業データの保護 (Windows 10) – Windows security | Microsoft Docs

Windows 情報保護 (WIP) を使っているときの非対応アプリと対応アプリの動作

いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください