Microsoft Teams サインイン時に「この機会を逃さずに…」とのメッセージが表示されてしまう

Microsoft Teams へのサインイン時に 「この機会を逃さずに、管理者に連絡して、(組織名) で Microsoft Teams を有効にしてもらってください」がメッセージ表示される場合は、下記 2 点の内容を確認します。

ユーザーアカウントに Microsoft Teams のライセンスが割り当てられているかを確認する

Microsoft 365 管理センター (https://admin.microsoft.com/) 上で該当ユーザーにライセンスが割り当てられているかを確認してください。
既にライセンスが付与されている場合、反映までに最大 24 時間程お時間を要する場合があるため、時間をおいて再度お試しください。

なお、Microsoft Teams ライセンスを割り当て、設定が反映したことを確認する場合、[Microsoft Teams 管理センター] の左ペインにある [ユーザー] に該当ユーザーが表示されていると、プロビジョニングが完了し、Microsoft Teams が利用可能な状態と判断することが可能です。

なお、ライセンスの割り当てから 24 時間経過確認後も同事象が発生する場合は、一旦 Teams ライセンスをオフにし、再度 Teams ライセンスをオンにした上で、時間をおいて Teams にサインインが可能かを確認します。

テナントで Microsoft Teams を有効にする

利用中のテナントで Teams が有効になっているか、下記の手順でお確かめください。

1. 管理者権限を持つアカウントにて、Microsoft 365 管理センター (http://admin.microsoft.com) にサインインします。
2. 左ペインメニューの [設定] – [サービスとアドイン] の順にクリックします。
3. [Microsoft Teams] をクリックします。
4. [ユーザー / ライセンスの種類による設定] の [この種類の全てのユーザーに対する MicrosoftTeams のオンとオフを切り替えます] が [オン] になっているかを確認します。
※ [オフ] の場合は [オン] へ変更し、下部の [保存] をクリックします。

※ 設定の反映までに最大 24 時間程度要する場合があります。

いいね (この記事が参考になった人の数:23)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください