リソースメールボックスの予定表に CSV ファイルからアイテムをインポートすることはできますか?

会議室メールボックスなどのリソースメールボックスに対し、CSV ファイルから予定表アイテムをインポートする方法について、必要なアクセス権を設定した後に Outlook クライアントから行う手順を下記にまとめます。

※ 便宜上、会議室メールボックスに予定表アイテムをインポートする手順として記載しています。

1. 会議室メールボックスへのフルアクセス権限を付与する

1. 管理者アカウントにて、Exchange 管理センター (https://outlook.office365.com/ecp) にアクセスします。
2. [受信者] – [リソース] にて、対象の会議室メールボックスをダブルクリックします。
3. [メールボックスの委任] の [フルアクセス許可] にて + をクリックし、権限を付与するユーザーを指定し、[OK] – [保存] をクリックします。
※ 反映するまでに時間がかかる場合があります。

2. 会議室メールボックスの Outlook プロファイルを作成する

1. フル アクセス権限を付与されたユーザーの端末で、[コントロール パネル] – [Mail] をクリックします。
 ※表示されない場合、画面右上の [表示方法] が [カテゴリ] の場合、[大きいアイコン] または、[小さいアイコン] を選択すると、[メール] のアイコンが表示されます。
2. [メール設定] ダイアログ ボックスが表示されますので、[プロファイルの表示] をクリックします。
3. [Microsoft Outlook の起動時に使用するプロファイル] の項目の [使用するプロファイルを選択する] を選択し [追加] をクリックします。
4. [プロファイル名] に任意の名前を入力し、[OK] をクリックします。
5. [アカウントの追加] ウィザードにて、任意の名前と、対象のリソース メールボックスのメールアドレスを入力し、[次へ] をクリックします。
 ※パスワードについては入力せずに [次へ] をクリックします。
6. 電子メールアカウントやパスワードの入力画面が表示されたら、”フル アクセス権限” を付与されているユーザーのメールアドレスとパスワードを入力します。
 ※この時点でエラーが発生する場合、設定したフル アクセス権限の反映前です。時間を置いてから再度お試しください。
7. [完了] をクリックします。

上記までの手順の完了後、Outlook 起動の際に項番 4. で入力したプロファイル名を選択した上で、次の手順に進みます。

3. 予定表アイテムの CSV ファイルをインポートする

1. 左上の [ファイル] タブ – [開く/エクスポート] – [インポート / エクスポート]をクリックします。
2. [他のプログラムまたはファイルからのインポート] を選択し、[次へ] をクリックします。
3. [テキスト ファイル (カンマ区切り)] を選択し、[次へ] をクリックします。
4. “インポートするファイル” にて、予定表アイテムの CSV ファイルを選択し、任意のオプションにチェックを入れて [OK] をクリックします。
5. インポート先のフォルダーを指定し、[次へ] をクリックします
6. [完了] をクリックします。

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。