Azure Monitor エージェントとLog Analytics エージェントの違いはなんですか?

収集可能なログ(データ)、インストール可能な対象、など複数の違いがあります。

 

Azure 仮想マシンへのインストールを考えた場合、最も大きな違いは収集可能なログ(データ)の違いではないでしょうか。Log Analytics エージェントは2024年8月31日に廃止が決定している為、今後は、Azure Monitorエージェントを利用する必要があります。しかし、2021年11月時点では、各エージェント毎に取集可能であるログ(データ)が異なる為、どのエージェントをインストールするかは要件に合わせた選定が必要です。

以下に各エージェント毎の比較表が掲載されています。(Linuxも同じページに掲載されています)

 

Windowsエージェントでの収集対象の比較

 

「収集されるデータ」という部分に注目してみると、Azure Monitor エージェントの欄には、「イベント ログ、パフォーマンス」という項目しかありませんが、Log Analytics エージェントの欄には「イベント ログ、パフォーマンス、ファイル ベース ログ、IIS ログ、・・・」など複数の記載があります。このことから、仮想マシン内部のテキストベースのログファイルやIISのログを収集したいと考えた場合、現時点では、Log Analytics エージェントが必要、という結論となります。

 

Azure Monitor エージェント

の部分に「カスタム ログ (ファイル) や IIS ログ ファイルの収集は、まだサポートされていません。」という記載もありますね。このあたりは、今後、Azure Monitorエージェントでも収集可能となるのではないでかと思いますが、2021年11月時点では未対応のようですね。

 

なお、上記URLで出てくる、Azure Monitor エージェントとLog Analytics エージェント以外のエージェントの概要は以下のとおりです。

 

診断拡張機能 (WAD)・・・仮想マシンの診断設定を有効にした場合にインストールされるエージェント。データ収集先にまず、storageアカウントを指定する必要がある。
依存関係エージェント・・・Azure Monitors for VM を有効にした場合のエージェントのことで、Log Analytics エージェント経由でデータが送信される。

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください