セキュアに Microsoft Teams を利用するための機能とライセンス

Microsoft Teams は Office 365 E1 や E3 等を利用している方が利用可能となっており、非常に簡単に導入すことが可能となっています。
[Microsoft Teams 用の Office 365 ライセンス]
https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/office-365-licensing

一方、システムや情報を管理する方からすると、正しくセキュアに使ってもらわないと情報漏えいなどのセキュリティ インシデントやコンプライアンスの問題が発生しかねません。
この記事ではどのライセンスを持っていると、何が出来るかご紹介いたします。

基本機能

Office 365 E1 では基本機能として以下のような機能が利用可能となります。

  • チームの作成
  • 個人およびチーム内のチャット
  • チーム内のファイル共有
  • チャットやチーム内での Web 会議やビデオ通話など

上位のライセンスによってセキュリティやコンプライアンスに関わる機能をどこまで利用できるかご紹介します。

Office 365 E3 の場合

※ Microsoft 365 E3 または上位ライセンスを含む

Microsoft Intune の場合

※ EMS E3 および Microsoft 365 E3 または上位ライセンスを含む

Azure AD Premium P1 の場合

※ EMS E3 および Microsoft 365 E3 または上位ライセンスを含む

Azure AD Premium P1 + Microsoft Intune の場合

※ EMS E3 および Microsoft 365 E3 または上位ライセンスを含む

  • 条件付きアクセスによるアクセス元デバイス制御

Office 365 ATP P1 の場合

※ EMS E5 および Microsoft 365 E5 または上位ライセンスを含む

Microsoft Cloud App Security の場合

※ EMS E5 および Microsoft 365 E5 を含む

Azure AD Premium P2 の場合

※ EMS E5 および Microsoft 365 E5 を含む

Azure AD P1 + Microsoft Intune + Microsoft Defender ATP の場合

※ Microsoft 365 E5 を含む

Office 365 Advanced Compliance の場合

※ Office 365 E5 および Microsoft 365 E5 を含む

Azure Information Protection P2 の場合

※ EMS E5 および Microsoft 365 を含む

以上です。

まとめ

いかがでしょうか。
Teams の導入はセキュリティやコンプライアンスの対策をしっかりやると、意外とやることは沢山あります。

お困りの際はぜひ弊社までお問い合わせください。

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。