flowで時刻を日本時間に変換したい

flowで日時を扱う際の注意点について取り上げていきます。

例えばSharePointのリストから更新日時を取得した場合、以下のように表示されます。

 

flowで取得した日時はUTC(世界標準時)設定となっているため、日本時間で表示したい場合は日本標準時(UTC+9)に変換が必要です。

 

タイムゾーンの変換方法

  1. flowの管理画面 [マイフロー] より対象のflow編集画面を開きます。
  2. トリガー以降のステップ上で [アクションの追加] をクリックします。
  3. [日付] と検索後、[日付と時刻] – [タイムゾーンの変換] を選択します。
  4. 以下の値を設定します。
    基準時間:変換対象の日時(例ではリスト更新日時)
    書式設定文字列:yyyy-MM-dd HH:mm:ss(カスタム値の入力を選択)
    変換元のタイムゾーン:(UTC)協定世界時
    変換後のタイムゾーン:(UTC+9:00)大阪、札幌、東京


5. 変換した値は [変更後の時間] という項目で保持しているため、こちらを指定して値を取得します。

今回の例ではSharePointリストにアイテムが作成された際にOutlookメールを送信するflowを作成した例です。以下のように更新日時が変換されました。

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、弊社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。