SharePoint Online の記憶域のクォータを設定することは可能ですか?

Windows PowerShell コマンドレットを用いて SharePoint の記憶域のクォータを設定することは可能です。

■ サイトの記憶域のクォータを設定する

1) 以下のコマンドレットを入力し、対象のサイトの記憶域のクォータを設定します。
※ 記憶域のクォータの警告レベルは記憶域のクォータの値よりも少ない値に設定する必要があります。
※ 以下の構文例に記載されている単位について、MB はメガバイト、GB はギガバイトとなります。また、1 GB = “1024 MB” として値を指定します。

<構文>
Set-SPOSite -Identity <対象のサイト URL> -StorageQuota <記憶域のクォータ (MB単位)> -StorageQuotaWarningLevel <記憶域のクォータの警告レベル (MB単位)>

例: 対象のサイト “https://contoso.sharepoint.com/sites/group” の記憶域のクォータを “5 GB” に、記憶域のクォータの警告レベルを “4 GB” に設定する場合、以下のコマンドレットとなります。
Set-SPOSite -Identity https://contoso.sharepoint.com/sites/group -StorageQuota 5120 -StorageQuotaWarningLevel 4096

2) 改めて上述の手順 3-3) のコマンドレットを実行して、対象サイトの記憶域のクォータが任意の値へ変更出来ているか確認します。

<構文>
Get-SPOSite -Identity <対象のサイト URL> | fl

例: Office 365 グループ サイトの URL が “https://contoso.sharepoint.com/sites/group” の場合は以下になります。
Get-SPOSite -Identity https://contoso.sharepoint.com/sites/group | fl

※上記コマンドレットを実行する場合、あらかじめ SharePoint Online Management Shell をインストールいただく必要があります。

[SharePoint Online Management Shell]
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=35588

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。