社外ユーザーとのコミュニケーションとセキュリティ<Microsoft365で実現しよう>~ Teams 編 ~

お疲れ様です。 <前回見てない方はこちらもどうぞ>
昨今テレワークの普及と共にTeamsのチャットや会議利用も多くなりました。今回はTeamsの社外ユーザに対する運用を考えていきましょう!
Teamsのチャットや会議は外部のユーザとやり取りできますが、チームに招待するためにはゲストユーザ登録する必要があります。

1.外部ユーザーの許可設定について

まずはTeamsの管理センター「https://admin.teams.microsoft.com/」にアクセスしましょう。
組織テナントでTeamsの外部ユーザとチャットや会議を許可するため、
[組織全体の設定]-[外部アクセス]より「ユーザーは他の Skype for Business と Teams ユーザーと通信できます」 を’オン’にしましょう

2.ゲストアクセス許可の設定について

チーム招待のためにはゲストアカウント登録が必要です。

ゲストアクセスを許可する設定を何点か行う必要があります。
1つ目はAzureADになります。詳しくは社外ユーザーとのコミュニケーションとセキュリティ<Microsoft365で実現しよう> ~AzureAD編~ – Cloud Steady | パーソルプロセス&テクノロジー株式会社の「2.外部コラボレーション設定によるゲスト招待の制限やゲスト自身のAzureADへのアクセス制限」の設定をご確認ください。
ゲスト招待を許可するドメインなども設定できますので、ゲスト招待に必要な制限もここで設定しましょう

2つ目はMicrosoft365管理センター「https://admin.microsoft.com/」になります。グローバル管理者でアクセスしてください。[設定]-[組織設定]の一覧からMicrosoft Teamsを選択します。そこで「Teamsへのゲストアクセスを許可する」にチェックを入れてください

3つ目はTeamsの管理センター「https://admin.teams.microsoft.com/」です。[組織全体の設定]-[ゲストアクセス]より「Teamsへのゲストアクセスを許可する」を’オン’にしましょうまた、ゲストアカウント向けに組織内のTeams操作を制限する設定も行えます。
必要に応じて設定しましょう

Teamsの外部ユーザやゲストアクセスの設定は以上です。
尚、チームに関しては社外に公開できるチームと社内のみのチームを分けて管理することをお勧めします。
またゲスト招待もユーザー管理者以外の一般ユーザがゲスト招待を行えるとユーザ管理やチーム管理が煩雑になるためお勧めしません。

以上がTeamsの外部ユーザーのアクセス設定になります。

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください