Wiresharkの使い方【ダウンロード/インストール編】

ここではネットワークパケットの解析ツールの一つである「Wireshark」のダウンロードおよびインストール方法について説明します。

Wiresharkを利用することにより、リアルタイムでパケットキャプチャされたパケットの詳細(プロトコルの種類、送信元/宛先についての情報等)を解析するすることができ、ネットワークのトラブルシューティングや開発において通信要件の確認の際に使用されます。

パケットキャプチャとは、ネットワーク上に流れている様々な種類のパケット採取することです。
パケットキャプチャツールは、主にツールをインストールしたPCをキャプチャを行いたいネットワーク機器に接続して使用します。

ダウンロード方法

ダウンロードは下記ページから行うことができます。

インストールするPCに該当のファイルを選択して下さい。

https://www.wireshark.org/download.html

 

インストール方法

ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、実行してください。

ユーザーアカウント制御の画面が表示される場合は[はい]をクリックしてください。

 Wiresharkをインストールするためのウィザード画面が開かれます。[Next>]をクリックしてください。

ライセンス同意画面にて、[Noted]をクリックしてください。

インストールするコンポーネントの選択画面にて、すべてのコンポーネントにチェックが入ったデフォルトの状態で[Next>]をクリックしてください。

ショートカットの作成をするか、また表示のファイル拡張子にWiresharkを関連付けるか確認する画面が表示されます。

必要に応じてチェックをつけ、[Next>]をクリックしてください。

各チェック項目の意味は、下記となります。

■Create Shortcuts

・Wireshark Start Menu Item 
 WireSharkをWindowsマークから選択できるようになります
・Wireshark Desktop Icon
 デスクトップにWireSharkのアイコンが作成されます。
・Wireshark Quick Launch Icon
 WireSharkがタスクバーへ常に表示されるようになります。

■Associate File Extensions
・Associate trace file extensions with Wireshark
 表示されている拡張子のファイルを開く場合、Wiresharkが起動するようになります。

インストール先フォルダの確認画面にて、既定のままで問題なければ[Next>]をクリックしてください。

Wiresharkは、をリアルタイムでパケットキャプチャを行うライブラリパッケージを利用して動作します。

Wiresharkの動作のためにパケットキャプチャライブラリは必須となります。

ここで表示されるパケットキャプチャライブラリであるNpcapまたはWinPcapを選ぶ画面では、既定のまま[Next>]をクリックしてください。

Npcapは、Winpcapより、機能面、セキュリティ面を向上させた後継ツールです。

また、Windows10上でWinpcapを動作させる場合、動作が不安定となる可能性があるため注意してください。

USBPcapをインストールするか確認する画面が表示されます。

USBPcapとは、USBデータをキャプチャするためのツールです。

必要に応じてチェックをつけ、[Install]をクリックしてください。

[Install USBPcap]にチェックを入れた場合、ファイルのコピー進行中にUSBPcapセットアップのためのウィザードが開かれます。

USBPcapのライセンス同意画面が表示されます。

[I accept the terms of the License Agreement]にチェックをいれて、[Next]をクリックしてください。

オプション画面にて、必要に応じてチェックをいれ[Next]をクリックしてください。

インストール先フォルダの確認画面にて、既定のままで問題なければ[Next>]をクリックしてください。

ファイルコピー完了後、[Close]をクリックしてください。

ファイルのコピー進行中に、Npcapのライセンス同意画面が表示されます。

[I agree]をクリックしてください。

インストールオプション選択画面にて、任意でチェックをつけ[Install]をクリックしてください。

・Legacy loopback support for Nmap 7.80 and older only. NOT rcommended.
 Nmap 7.80以前でループバックを採取する場合、チェックが必要です。
 古いバージョンのNpcapでループバックトラフィックをキャプチャするために必要となるMicrosoftKM-TESTループバックアダプタをインストールすることができます。

・Restrict Npcap driver’s access to Administrators only
 管理者権限を持ったユーザーのみWiresharkを使えるようになります。

・Support raw 802.11 traffic (and monitor mode) for wireless adapters
 無線LANで使う802.11のパケットを解析できるようになります。

・Install Npcat in WinPcap API-compatible Mode
 以前のWiresharkで使われていたWinPcapとして、疑似的に動作させたい時にチェックします。WinPcapのみサポートしているソフトウェア等で使います。

インストール完了後、[Next>]をクリックしてください。

Npcapのインストール完了が完了しました。ウィザードを閉じるため、[Finish]をクリックしてください。

インストール完了画面を確認後、[Next]をクリックしてください。

Wiresharkのインストールが完了しました。
 

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください