配信不能レポート( NDR )の言語はどのように決まるのか

配信不能レポート ( NDR ) が配信されるメールの言語は、Exchange Online の TransportConfig の設定内容で決定されます。
TransportConfig については、Windows PowerShell より Exchange Online へ接続して確認することが可能です。
PowerShell にて接続する方法は下記をご確認下さい。

[Exchange Online PowerShell に接続する]

TransportConfig の設定を確認するには下記コマンドを実行します。

Get-TransportConfig | Format-List *DSN*

ExternalDsnLanguageDetectionEnabled の値が ” True ” となっている場合、配信元のメールと同じ言語で配信不能レポート( NDR )を配送します。
その為、配信元のメールが日本語の場合は日本語、英語の場合は英語で NDR は配送されるようになります。

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、弊社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。