Teamsの履歴管理について

皆さんこんにちは。今回はMicrosoft Teams をご利用頂いているお客様からご質問のあった内容について触れてみたいと思います。

Teams は Microsoft がウリにしているだけあって、とても色々な事ができちゃう優れものですが運用には注意が必要となる製品でもあります。

とりわけよくご相談を頂く内容の1つとして挙げられるのが「会話履歴の保全」についてです。

 

なぜ「会話履歴の保全」が重要になってくるのでしょうか?様々なパターンが考えられますが、一例でいうと従業員がチャットで不適切な発言をしていたり、会社の機密情報等を本来知る権限のない人に教えているパターンや、退職した従業員が機密データの漏洩行為を行っていないか?等々…

 

企業としてはしっかり管理できているつもりでもチャットなどの些細なやりとりからでも情報漏洩が発生するリスクが出てきてしまいます。

 

では、どのように対処すればいいのでしょうか?

 

Office365には管理者の機能としてセキュリティとコンプライアンスの管理を行う事が可能な機能が実装されているため、この機能を利用して「会話履歴の保存」「会話履歴の確認」さらに「会話履歴のエクスポート」を行うことが可能です!!ちなみに、Teams上の会話履歴は自動的に行われますので基本的に個別設定等も不要です。

 

こちらの機能をご利用いただくためには以下のライセンスが必要となります。

 

【必要ライセンス】

・ Exchange Online プラン 1 が含まれるライセンス (Office 365 Business Essentials、Office 365 Enterprise E1 等) + Exchange Online Archiving for Exchange Online​

 

・ Exchange Online プラン 2 が含まれるライセンス (Office 365 Enterprise E3 や E5)​

 

また、会話履歴を確認する場合はWebブラウザ上から確認する方法とPSTファイルにエクスポートしてOutlookなどのメールソフトにインポートする方法があります。確認のみであればWebブラウザから行い、会話履歴のバックアップを行う場合はバックアップした会話履歴をメールソフトにインポートして確認するという流れになると思います。なお、会話履歴を確認する場合はユーザー側からは行うことはできません。必ず管理者側からの確認が必要となりますのでご注意ください。

 

 

本内容についてより詳細に聞いてみたい。

運用・運用方法について相談したい等ございましたら是非一度、弊社、パーソルプロセス&テクノロジーまでお願いします。

お問い合わせはこちらまで。

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、弊社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。