Azure Backup のスケジュールバックアップ と Windows Server の VSS を同時刻に設定した場合、競合などの問題は発生しますか?

Azure Backup は VSS を利用する仕様であるため、Windows Server 側の VSS との競合により、処理の遅延やバックアップの失敗などが発生する可能性があります。 

Azure Backup 動作における VSS(Windows ボリューム シャドウ コピー サービス)と、Windows Server の VSS の競合動作として、先に動作する処理にて VSS の処理が行われ、後の処理は待機中となります。
前者の処理が完了し次第、後者の処理による VSS 動作が開始 / 完了するため、待機時間が発生する可能性があります。

また、前者の処理の完了に時間がかかる場合、後者の処理でタイムアウトエラーが発生するケースもございます。
そのため、Azure Backup と Windows Server の VSS を競合しない時間帯にスケジューリングすることが推奨されています。

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。