クラシックアラート廃止に伴う注意事項

 先日、Azure Monitor のクラシック アラートの廃止日が、2019 年 8 月 31 日に延期される旨の情報がマイクロソフト社から公表されました。
※公式ページについては以下を参照願いします。
https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/azure-monitor-classic-alerts-retirement-date-extended-to-august-31st-2019/

延期されたもののいずれ廃止されることは確かなので、移行準備を進める必要が有ることに変わりは有りません。そこで今回は具体的にどういった対応が必要なのか整理してみました。

まず、先程のリンク先に記載の通り、現在マイクロソフト社がクラシックアラートの移行ツールの準備を進めており、移行ツールを用いることで各利用者が自主的にクラシックアラートを移行することが出来るようです。その一方で廃止日(2019年8月31日)を過ぎると、自動移行プロセスが実行されるようです。したがって、基本的には移行ツールを使えるようになるのを待って手動移行するか、特に何の対応もせず自動移行に任せるかの2択のとなります。

しかしながら、移行することができないクラシックアラートが有るということには注意が必要です。具体的には以下ページに記載されている3種類のクラシックアラートとなります。
・仮想マシンのゲスト メトリックに対するクラシック アラート ルール(Windows とLinux両方)
・クラシック ストレージ メトリックに対するクラシック アラート ルール
・一部のストレージ アカウント メトリックに対するクラシック アラート ルール
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-monitor/platform/alerts-understand-migration#guest-metrics-on-virtual-machines



移行できないクラシックアラートについては個別に対応が必要です。具体的な対応方法についてもマイクロソフト社のページに記載が有ります。
・仮想マシンのゲストメトリック(Windows)
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-monitor/platform/collect-custom-metrics-guestos-resource-manager-vm
・仮想マシンのゲストメトリック(Linux)
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-monitor/platform/collect-custom-metrics-linux-telegraf
・ストレージアカウントのメトリック
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/storage/common/storage-metrics-migration#metrics-mapping-between-old-metrics-and-new-metrics

今回はリンクのみの紹介となりますが、検証結果に関しても随時投稿していきたいと思います。

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、弊社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。