Microsoft 365 管理センター上の「スパムフィルター」と「迷惑メール対策」にはどのような違いがありますか?

Microsoft 365 管理センターから特定のアドレス、ドメインからのメールに対し、スパム判定の動作を制御しようとした場合、下記 2 点の画面から設定を行うことができます。
両箇所における設定内容については、双方に同期されているため違いは無く、運用や GUI の利便性などに合わせて活用することが可能です。

■ Exchange 管理センターから行う操作
————————————————–
1. Exchange 管理センター (https://outlook.office365.com/ecp/) を開きます。
2. [保護] – [スパムフィルター] – [+] をクリックします。
3. 表示される “スパム フィルター ポリシー” 画面から “受信拒否送信者一覧” “受信拒否ドメイン一覧” のいずれか任意の項目で設定を行います。

■ Office 365 セキュリティ/コンプライアンスから行う操作
————————————————–
1. Office 365 セキュリティ/コンプライアンス (https://protection.office.com/) を開きます。
2. [脅威の管理] – [ポリシー] – [迷惑メール対策] をクリックします。
3. [受信拒否一覧] をクリックで展開し、”受信拒否” “ドメインをブロック” のいずれか任意の項目で設定を行います。

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。