M365グループでメンバーの個人メールボックスへ配信させるには

M365グループにて受信したメールを、メンバーの個人メールボックスへ配信する設定を有効にすると個人メールボックスへも届くため、M365グループを確認せずに済みます。配布グループのような運用ができ、且つM365グループはメールボックスの実体もあるためメールも残る利点があります。

この設定を行うには、PowerShell にて管理者でログインし、以下の設定を実施します。

■ 作成済み M365グループの既定の購読設定をオンにする

Set-UnifiedGroup -Identity <M365グループのアドレス> -AutoSubscribeNewMembers:$True

※上記コマンドを実行することで、今後新たに追加されるメンバーの購読設定が既定で有効となります。

■ 既存のメンバーに対して購読設定をオンにする
上記は新たなメンバーに対しての設定のため、既存メンバーでは購読設定がオンになりません。
既存メンバーへの設定を有効にするには、以下の設定を実施します。

1.M365グループの特定のメンバーの購読を有効化するコマンド

Add-UnifiedGroupLinks -Identity “<M365グループのアドレス>” -LinkType Subscribers -Links “<購読を開始させたいユーザー名>”

2.M365グループのすべてのメンバーにて、購読を有効化するコマンドレット

$Group = “M365グループのアドレス”
Get-UnifiedGroupLinks $Group -LinkType Member | % {Add-UnifiedGroupLinks -Identity $Group -LinkType subscriber -Links $_.Guid.toString() -Confirm:$false}

※2 行目で全てのユーザーに対する購読開始処理を実行します。
※ 無効化にする場合は 2 行目の Add-UnifiedGroupLinks を Remove-UnifiedGroupLinks に置き換えます。

■ 参考URL
グループを管理するための一Microsoft 365タスク | Microsoft Docs
Set-UnifiedGroup (ExchangePowerShell) | Microsoft Docs
Add-UnifiedGroupLinks (ExchangePowerShell) | Microsoft Docs

いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください