Webhook URL 新形式への切り替えについて

※以前投稿した記事の補足情報となります:
Webhookを利用したTeams投稿でコネクタ系の警告が表示される

 

Microsoft Teamsアップデート(MC234048)により、セキュリティ強化のため新しい WebHook URL 形式に移行されています。
コネクタの Webhook URL にはテナントの名前が含まれるように変更されています。

変更前:

https://outlook.office.com/webhook/XXX


変更後(現在):(tenantNameにはテナント名が入ります)

https://tenantName.webhook.office.com/webhookb2/XXX

※<tenantName>.webhook.office.com というドメインに変更されました。

Teamsチャネルのコネクタで作成できるIncoming Webhook を既に構成している場合はURLの切り替えが必要です。
切替猶予があるようで、旧URLでも接続できている環境を確認していますが、
Teamsチャネルコネクタ側の再構成(URLの更新)および、呼び出し元のURLを新しいものへ書き換える対応が必要です。

コネクタ側の再構成は以下の方法で保存を押すだけでURLが更新されましたが、[URLの更新] ボタンを押して更新する方法でも同様です。
Webhookを利用したTeams投稿でコネクタ系の警告が表示される

再生成された新URLをコピーして呼び出し元で書き換えを実施します。

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください