シングルセッションのWVDに別のユーザーを割り当てたい

シングルセッションのWVDにユーザーを再割り当てをする方法は、WVDがv2(ARM)かv1(クラシック)かによって手順が異なる
ここではv2における再割り当て方法を記載する

WVD v2(ARM)-Azure Portalのサービス[Windows Virtual Desktop]からホストプールなどを管理
WVD v1(クラシック)-Azure PortalからではなくPowerShellでホストプールなどを管理
参考情報:WVD v1(Non-ARM)からWVD v2(ARM)への移行は可能ですか?

(1)セッションホストの削除
①プログラムの削除
対象の仮想マシンから以下プログラムをアンインストールする
•Remote Desktop Agent Boot Loader
•Remote Desktop Services Infrastructure Agent
•Remote Desktop Services Infrastructure Geneva Agent

②Azure Portalから削除
[Windows Virtual Desktop]→[ホストプール]→[セッションホスト]より該当のセッションホストにチェックを入れ削除する
※この手順ではリソースは削除されず、ホストプールの登録のみが削除される

(2)セッションホストの登録
①ホストプールへ登録するためのトークンを発行する
PowerShellを起動して以下コマンドを実行する、なお<>で囲まれた箇所は適切な値に修正する

1.Windows Virtual Desktop環境にサインイン
New-AzWvdHostPool -ResourceGroupName <resourcegroupname> -Name <hostpoolname> -WorkspaceName <workspacename> -HostPoolType <Pooled|Personal> -LoadBalancerType <BreadthFirst|DepthFirst|Persistent> -Location <region> -DesktopAppGroupName <appgroupname>

2.トークンの作成
New-AzWvdRegistrationInfo -ResourceGroupName <resourcegroupname> -HostPoolName <hostpoolname> -ExpirationTime $((get-date).ToUniversalTime().AddDays(1).ToString(‘yyyy-MM-ddTHH:mm:ss.fffffffZ’))
※上記コマンドでは作成するトークンの有効期限が1日となっているので、1日経過後は再度作成する必要がある
 AddDays(1)をAddHours(5)などに変更可能


3.トークンを変数にエクスポート
$token = Get-AzWvdRegistrationInfo -ResourceGroupName <resourcegroupname> -HostPoolName <hostpoolname>


4.Azure ADユーザーがホストプールに追加されていない場合は以下コマンドで追加
New-AzRoleAssignment -SignInName <userupn> -RoleDefinitionName “Desktop Virtualization User” -ResourceName <hostpoolname+”-DAG”> -ResourceGroupName <resourcegroupname> -ResourceType ‘Microsoft.DesktopVirtualization/applicationGroups’
ユーザーグループごと追加する場合は以下
New-AzRoleAssignment -ObjectId <usergroupobjectid> -RoleDefinitionName “Desktop Virtualization User” -ResourceName <hostpoolname+”-DAG”> -ResourceGroupName <resourcegroupname> -ResourceType ‘Microsoft.DesktopVirtualization/applicationGroups’

詳細はMicrosoftドキュメント[PowerShell クライアントを使用してホスト プールを作成する]を参照

③Windows Virtual Desktopエージェントのインストール
仮想マシンへ接続し、Windows Virtual Desktop エージェントをダウンロードし、インストールする
インストーラーから登録トークンを要求されるので①で取得した値を入力

④Windows Virtual Desktopエージェントブートローダーのインストール
仮想マシンにWindows Virtual Desktop エージェント ブートローダーをダウンロードし、インストールする

(3)ユーザーの割り当て
[Windows Virtual Desktop]→[ホストプール]→[セッションホスト]より該当のセッションホストにユーザーを割り当てる

いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください