SharePoint Online リスト/ライブラリをクラシックUI固定にすることは可能ですか?

概要

SharePoint Online では新しいUIサイトはモダンUI、従来のものはクラシックUIと呼ばれ、マイクロソフトでは新しいモダンUIへの移行、機能拡張を進めています。しかしながら、モダンUIとクラシックUIは操作性に大きな違いがある等の理由で、エンドユーザーが使い慣れたクラシックUIで使い続けたいといった要望や、もしくはSharePoint DesignerやJavascriptによるカスタマイズ等を行っているサイトにおいてはモダンUIに適用できていないなど、まだクラシックUIへの需要も高い現状があります。
以下の方法でクラシックUIに制限することが可能です。
 

テナント単位

以前はテナント全体でクラシックUI固定にする設定項目がありましたが、2019/4/1 以降、以下の設定は廃止となっております。
[SharePoint管理センター] – [設定] (テナントによりリリース時期に多少のずれがあるようです)
 

サイト コレクション単位

2019/4/1 以降、サイトコレクション単位でクラシックUI固定にする設定が追加されました。
該当サイトにアクセスし、[サイトの設定] – [サイト コレクションの管理] 内にある [サイト コレクションの機能] にて設定を行います。[SharePoint リストおよびライブラリのエクスペリエンス] をアクティブ化することでクラシック表示となります。以下はアクティブ化した状態です。
 

リスト/ライブラリ単位

リスト/ライブラリ単位で設定を行う場合には、対象のリスト/ライブラリを表示した状態で [リストの設定] – [詳細設定] をクリックし、 [リストの表示] 設定を確認します。[クラシック表示] を設定することでクラシック表示となります。
 

補足

以下の記事ではクラシックUI廃止の予定はないとの情報を公開しています。しかし規定がモダンUI表示となり、今後最新のUIが優先されていく動きとなっているため、将来的にはモダンUIに適用した環境を検討していく必要があるかと思います。

[SharePointの最新のエクスペリエンスを提供する]
https://techcommunity.microsoft.com/t5/Microsoft-SharePoint-Blog/Delivering-SharePoint-modern-experiences/ba-p/315023

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、弊社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。