Azure SQL仮想マシンのバックアップ有効化時、仮想マシンのデータベースを検出できない

Azure SQL仮想マシンのバックアップを有効化のためにデータベースの検出を実施した際に
以下のようなエラーが出力された場合の対処法になります。

 

(VM名)のデータベースを検出できませんでした

Operation failed because Workload Backup extension was removed from the virtual machine.To re-install and configure the Workload Backup extension from Azure Portal, use the Re-register option available in the Backup Infrastructure pane in the vault.

 

本エラーはバックアップ対象のVMにAzureBackupWindowsWorkload拡張機能がインストールされていない場合に出力されます。
このような場合は、Azure Portalの[バックアップの目標]-[バックアップの構成]-[バックアップする項目を選択]画面にて
[DBの再検出]を押下してください。
その後、[保護されたサーバー]画面にてバックアップ対象のVMを右クリックし、[再登録]を選択してください。

 

再登録が成功した場合は、下記通知が表示されます。

リソース グループ ‘(リソースグループ名)’ への ‘ReRegisterProtectionContainers-xxxxxxxxxxxxx’ のデプロイが成功しました。

 

※拡張機能の確認方法:
VMを選択し、左側のメニューから[拡張機能]を選択する

 

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください