WVD向けのAzure Monitorを1から設定してみた

はじめに

こんにちは、パーソル プロセス&テクノロジーの永井です。
今回はAzure WVD(Windows Virtual Desktop)向けのAzure Monitorを使用して様々な情報を可視化するための設定方法を1からご紹介します。

基本的な流れは以下公式ドキュメントに沿って行われます。
Windows Virtual Desktop 向けの Azure Monitor を使用してデプロイを監視する
公式ドキュメントにはスクリーンショットがなく、詰まってしまうところもあるかと思いますので
そのようなポイントも併せてご紹介します。

前提としてARMと互換性のあるWVD環境をデプロイ済みとします。
今回は[WVD-hp-multi]というホストプール名でセッションホストを2台事前に用意しました。
マルチセッションで作成しましたが、シングルセッションの場合でもAzure Monitorを使用するための設定方法は同様です。

この記事を完了すると出来ること

本記事では主に設定方法を記載しますが、簡単にWVD向けAzure Monitorで出来ることもご紹介します。
Azure Portal上でWindows Virtual Desktopのページを開き、[分析情報]を選択するとこのような画面が開きます。

赤枠で囲った部分をクリックすることでホストプール、セッションホスト、ユーザーに関する様々な情報が参照できます。
参照できる情報は多岐にわたり、WVDを運用していくうえで非常に有益なものになります。
定期的に各セッションホストのCPUの使用率やメモリの使用率、1コアあたりのユーザー概要などパフォーマンスを確認することでVMのサイズ妥当性を確認したり、
ユーザーから接続できないなどの問い合わせがあった際は該当ユーザーについて、過去の接続情報やエラー情報を参照し調査することが出来ます。

参照できる情報については以下Microsoftの用語集ページを見て確認することができます。
Windows Virtual Desktop 向けの Azure Monitor の用語


設定の流れ

以下の流れで設定を行っていきます。

1.Log Analytics ワークスペースの作成(既存のものがある場合は省略可)
2.リソースの診断設定
3.セッションホストデータの設定

1.Log Analytics ワークスペースの作成

少なくとも1つのLog Analyticsワークスペースが構成されている必要があります。
既存のワークスペースが存在しない場合は、
[Log Analyticsワークスペース]→[Log Analyticsワークスペースの作成]をクリック

値を入力し、[作成]をクリック。
リソースグループ/名前/地域は任意ですが、特に理由がなければリソースグループ/地域はWVDと同じところに設定していいと思います。
作成は数十秒で完了します。



2.リソースの診断設定

[Windows Virtual Desktop]→[分析情報]を開きます。
設定が完了していないと以下のようなエラーが出るはずです。
[構成ブック]をクリックして設定を行います。

ホストプールの構成を行います。
[リソースの診断設定]→[ホストプールの構成]をクリック
※[Log Analyticsワークスペース]が<設定解除>となっている場合はプルダウンの中から該当のワークスペースを選択してください。

[配置]をクリック

数十秒でデプロイが終了するので、[更新]ボタンをクリックし構成が有効となっていることを確認します。


そのまま下にスクロールをしてワークスペースの構成を行います。
[ワークスペースの構成]をクリック

[配置]をクリック

先ほど同様[更新]ボタンをクリックし構成が有効となっていることを確認します。
以上で、リソースの診断設定は完了です。

 

3.セッションホストデータの設定

セッションホストデータの設定を行います。
[セッションホストデータの設定]→[ワークスペースにホストを追加する]をクリック
[配置]をクリック

※ここでエラーが出てしまう場合は後述の方法を試してください。

 

セッションホストの追加が完了したら、そのまま下にスクロールし、
[パフォーマンスカウンターを構成する]をクリック

[Apply Config]をクリック

数十秒でデプロイが終了するので、[更新]ボタンをクリックし[不足しているパフォーマンスカウンターはありません]となっていることを確認します。


そのまま下へスクロールし、Windowsイベントログの構成を行います。
[イベントの構成]をクリック

パフォーマンスカウンターの構成と同様の画面が出るので[Apply Config]をクリック

[更新]ボタンをクリックし[不足しているイベントは見つかりませんでした]となっていることを確認します。

 

セッションホストの追加がうまくいかない場合

セッションホストデータの設定で[ワークスペースへホストを追加する]を実行しても、エラーがでてデプロイが失敗してしまうことがあります。
その場合、以下方法で解消できましたので紹介します。

1.追加するセッションホストの[分析情報]を開く
2.[有効]をクリック

3.ワークスペースを選択し[有効]をクリック

数十秒でデプロイが完了し、WVDの分析情報に反映されます。

いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください