Teams会議に招待されたユーザー全員がロビー待機せず直接参加できるようになりました。

これまで、Teams会議で外部ユーザーを招待した際には、外部ユーザーがロビーで待機し、招待側が手動許可する方法が一般的でした。
※規定では組織内のユーザーおよびゲストのみが直接参加となるため、ロビー回避するためには外部ユーザーをゲストユーザー登録する必要がありました。

以下は会議に招待されたユーザー全員がロビー待機せずに直接参加するための設定となります。

【設定方法】
会議の開催者にて会議オプションを変更します。

  1. Teams上の予定表から設定したい会議を選択し、[会議オプション] をクリックします。
  2. [ロビーを迂回するユーザー] で [自分が招待したユーザー] を設定します。


招待を受け取ったユーザー (転送先を含む) は、会議に直接参加することができます。
配布リストは含まれませんので、ユーザーは個別に招待する必要があります。
また転送された招待メッセージも含まれるため、招待メッセージが転送されることを避けたい場合には、会議設定時にOutlook [返信のオプション] で [転送を許可] をオフにします。

参照:Teams 会議の参加者の設定を変更する – [ロビーをバイパスするユーザーを選ぶ]

関連記事:Teamsで外部ユーザーを会議へ招待した際、ロビー待機をさせない設定について


いいね (この記事が参考になった人の数:3)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください