Service Pack を適用していないオンプレミスの Windows Server 2008 を Azure Site Recovery を利用して Azure へ移行できますか?

オンプレミス環境の Windows Server 2008 サーバーを Azure Site Recovery を利用して Azure に移行する場合、Service Pack 2 の適用が必須条件となります。
Service Pack 1 適用済みの Windows Server 2008 を Azure Site Recovery にて移行する際にエラーが出力され、失敗する事例がありました。

なお、VHD ファイルを利用して Service Pack が適用されていない状態での移行は可能です。

Azure では Windows Server 2003 以降の OS の展開がサポートされています。
また、Azure では、VHD ファイル形式で容量固定ディスクの第 1 世代の VM のみがサポートされています。

なお、注意点として、Windows Server 2008 R2 より前のバージョンは仮想マシン エージェントのインストールには対応していないため、拡張機能をご利用いただくことができない点をご留意ください。

<参考資料>
・Azure でサポートされる VM について記載のあるマイクロソフト社公開資料(英語)
[Microsoft server software support for Microsoft Azure virtual machines ]
https://support.microsoft.com/en-us/help/2721672/microsoft-server-software-support-for-microsoft-azure-virtual-machines

--以下、抜粋--
Windows Server 2003 and later versions are supported for deployment in Microsoft Azure. Click here to see more information about running Windows Server 2003 on Azure.
---------

・Azure の拡張機能をサポートする OS について記載しているマイクロソフト社公開資料(英語)
[Azure Extension supported operating systems ]
https://support.microsoft.com/en-us/help/4078134/azure-extension-supported-operating-systems

・Azure にアップロードする VHD ファイル形式についての記載があるマイクロソフト社公開資料
[Azure にアップロードする Windows VHD または VHDX を準備する]
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/windows/prepare-for-upload-vhd-image

--以下、抜粋--
Windows 仮想マシン (VM) をオンプレミスから Microsoft Azure にアップロードする前に、仮想ハード ディスク (VHD または VHDX) を準備する必要があります。 Azure では、VHD ファイル形式で容量固定ディスクの第 1 世代の VM のみがサポートされています。 VHD のサイズの上限は、1,023 GB です。 第 1 世代の VM は、VHDX ファイル システムから VHD ファイル システムに、また容量可変ディスクから容量固定ディスクに変換できます。 ただし、VM の世代を変更することはできません。 詳細については、Hyper-V で第 1 世代と第 2 世代のどちらの VM を作成する
---------

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください