休職するユーザーを一時的に Office 365 へアクセスさせない方法はありますか?

休職中のユーザーについて、データやメールボックスはそのままに一時的にサービスへのサインインを禁止したい場合は、[サインインをブロック] を利用する運用が考えられます。
以下に管理画面上から行う操作と、PowerShell で設定する方法について記載された公開情報をご案内します。

【サインインをブロックする方法】

  1. 全体管理者のアカウントで、Office 365 (https://portal.office.com) にサインインします。
  2. 左上にある ■ が 9 つ並んだアイコン (アプリランチャー) をクリックし、[管理者] をクリックします。
  3. [ユーザー] – [アクティブなユーザー] の順にクリックし、ブロックするユーザーをクリックします。
  4. 上部 [サインインをブロックする] をクリックします。
  5. [ユーザーによるサインインをブロックする] の項目をチェックした状態で、[保存] をクリックします。

【サインインのブロックを解除する方法】

  1. 全体管理者のアカウントで、Office 365 (https://portal.office.com) にサインインします。
  2. 左上にある ■ が 9 つ並んだアイコン (アプリランチャー) をクリックし、[管理者] をクリックします。
  3. [ユーザー] – [アクティブなユーザー] の順にクリックし、ブロックを解除するユーザーをクリックします。
  4. 上部 [サインインのブロックを解除する] をクリックします。
  5. [ユーザーによるサインインを許可する] の項目をチェックした状態で、[保存] をクリックします。


[Office 365 PowerShell でユーザーアカウントをブロックする]
https://docs.microsoft.com/ja-jp/office365/enterprise/powershell/block-user-accounts-with-office-365-powershell

また、ライセンスをはく奪した場合の留意点については、以下公開情報をご参照ください。

[一般法人向け Office 365 のユーザーからライセンスを削除する]
https://docs.microsoft.com/ja-jp/office365/admin/subscriptions-and-billing/remove-licenses-from-users
※ “ユーザーからライセンスを削除する際に知っておくべきこと” 項をご確認ください。

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、弊社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。