WVD のセッションホストを長期間停止する際の考慮事項

Windows Virtual Desktop サービス内のホスト プールに セッションホストを登録後、仮想マシンがアクティブになるたびに、エージェントによって VM のトークンが定期的に更新されます。
しかし、 証明書の有効期限は90日間となっているため、90日を越えて停止する場合は、セッション ホストとして利用できなくなります。
そのため、長期間セッション ホストを停止する場合には、90日に1度は20分以上起動状態にすることが必要になります。

 

なお、90日を越えてセッションホストが利用できなくなった場合は、以下手順にてホストプールから仮想マシンを削除し、エージェントを再インストールした後、仮想マシンをプールに再登録する必要があります。

 

[Windows Virtual Desktop エージェントに関する一般的な問題をトラブルシューティングする]
・問題がここに示されていないか、または解決されなかった
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-desktop/troubleshoot-agent#your-issue-isnt-listed-here-or-wasnt-resolved

いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください