Azure Backup の保存先ストレージの違いによりリストア手手順は異なるか

保管ストレージの種類(LRS、GRS、ZRS)が違っても、リストア方法は変わりません。

 

例えば、GRS設定時の、東日本リージョン (プライマリ リージョン) 全体で障害が発生した場合における AzureBackup の仕組みは、以下の流れとなります。​
​ 
1. プライマリ リージョンの復旧を試みます。
2. プライマリ リージョンの復旧が難しい場合、西日本リージョン (セカンダリ リージョン) へ通信の自動切り替えを行います。​
3. お客様にて Azure ポータルに接続していただきますと、プライマリ リージョンと同じ復元ポイントが表示されるため、保持されている回復ポイントより任意のものを選択し、データを復元することができます。​
​ 
※ただし、NIC や VNET などの AzureBackup 対象外のリソースにつきましては、セカンダリ リージョンへ引き継がれないため、新たに作成していただく必要があります。​

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください