Microsoft 365 Defender とは


Microsoft 365 Defenderとは、Microsoft 365 環境を保護するためのスイートです。Defenderと名の付くサービスは多数存在しておりますが、ここではMicrosoft 365に関連するサービスに限定して紹介します。
Microsoft 365 Defenderは保護対象ごとに機能が存在していますので、保護対象と決めてサービスを選定すると良いでしょう。このサービスは名称が最近変更されています。分かりやすく旧称や略称との対応をまとめましたので、ぜひご活用ください。

サービス名 旧称 提供機能概要 前提条件
Microsoft Defender
for Endpoint
Microsoft Defender Advanced Threat Protection
(Defender ATP)
デバイスからテレメトリ情報を収集し契約しているテナントに送信する。テナントでテレメトリ情報を分析し、現在インシデントが発生しているかの確認やデバイスの修復を行うことができる。 ・デバイスにオンボード設定が必要
・Microsoft 365 E5 Security、Microsoft 365 A5 Security などのライセンスが必要。詳細はこちらを参照。
Microsoft Defender
for Office 365
Office 365 Advanced Threat Protection
(Office 365 ATP)
Exchange Online Protection(EOP)、Defender for Office P1,P2の3つのサービスから提供される機能。
EOPはExchange Onlineのメールに対する保護(防御・検知・対応)をする機能。
Defender for Office P1,P2ではOffice 365 全体で扱われるコンテンツに対する保護(防御・検知・対応)が可能。
EOPはすべてのOffice 365ライセンスに含まれているが、機能により必要なライセンスは異なる。詳細はこちらを参照。
Microsoft Defender
for Identity
Azure Advanced Threat Protection
(Azure ATP)
Active Directoryのトラフィックを収集・分析し侵害の検出・予防する

・EMS E5ライセンスが必要
・DCにDefender for Identity センサーのインストールが必要


サービス名の変更についてはこちらをご参照ください。
Microsoft 365 以外の Defender についてはこちらの記事でも紹介されておりますので、ご確認ください。

いいね (この記事が参考になった人の数:2)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください