アラートルールの通知頻度がルールによって異なる。

 アラートルールに設定する「条件(ターゲットリソース)」に対して、[メトリック]を設定しているか、[Log Analytics ワークスペースの検索クエリ]を設定しているかで通知頻度が異なります。

 Azure Monitor(モニター)を使うことで、様々なアラートルールを構成し監視を行うことが可能です。

 アラートの条件には、VMのCPU平均使用率やSQL データベースのDTU消費率等のメトリックを設定する方法と、

Log Analyticsワークスペースを使ってイベントとパフォーマンスデータのログ収集を行い、そのログに対して検索クエリの実行結果を設定する方法があります。「参考:Microsoft公式ドキュメント

 

 メトリックを設定した場合、一度アラートが起票されれば、解決するまでの間、設定した通知頻度が来てもアクションルールが実行されることはありません。

 検索クエリの実行結果を設定した場合、メトリックとは異なり、設定した通知頻度の度にアクションルールが実行されます。

いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください